このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000174633
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢柳瀬-2015-002
事例作成日
(Creation date)
2014/08/26登録日時
(Registration date)
2015年05月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年05月20日 12時53分
質問
(Question)
もみじまんじゅうの歴史、作り方などを知りたい。
回答
(Answer)
もみじまんじゅうの発祥については諸説あります。
以下の資料に記述があります。
 〇『広島 宮島 岩国』 タビリエ30 JTBパブリッシング 2009年
 〇『日本銘菓事典』 山本候充/編著 東京堂出版 2004年
 〇『郷土菓子』 平凡社 2013年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『広島 宮島 岩国』(タビリエ30) JTBパブリッシング 2009年
  P.92~P.95にもみじまんじゅうの記載あり。P.93にもみじまんじゅうのルーツの記載あり。
  P.85に「宮島伝統産業会館みやじまん工房」で「もみじまんじゅうの手焼き体験ができ、生地作りからフィルム包装まで銘菓作りを楽しめる」資料館と記載あり。
 △『和菓子百楽』仲野欣子/著 里文出版 1983年
  P.158、P.321に材料についての簡単な記載あり。
 △『まんじゅう大好き!』里文出版編 里文出版 2009年
 △『倉敷・広島・西瀬戸内海』実業之日本社 2003年
 △『おもしろガイド修学旅行6』PHP研究所 1996年
 △『るるぶ広島宮島’13』JTBパブリッシング 2012年
 △『るるぶ広島 宮島 尾道 呉 岩国’09』JTBパブリッシング 2008年
  P.24~25.にもみじまんじゅうの種類についての記載あり。 
 △『広島・宮島・尾道・倉敷』(楽楽シリーズ)JTBパブリッシング 2011年
  P.35にもみじまんじゅうの種類についての記載あり。
 
2.後日調査による追加資料
 〇『日本銘菓事典』 山本候充/編著 東京堂出版 2004年
  P.211 「もみじ饅頭」項目あり。作り方の記述あり。「由来は、明治時代に宮島もみじ谷の旅館「岩惣」に泊まった伊藤博文が見事な紅葉の景観を絶賛したことをヒントに、同旅館の女将が創製、茶菓子として使ったのが最初といわれている。」と記述あり。   
 〇『郷土菓子』 平凡社 2013年
  P.46 「もみじまんじゅう」に「明治の終わりに宮島の和菓子職人が紅葉形焼饅頭を作ったことが発端といわれている。」と記述あり。
  
3.調査をしたが記述のなかった資料
 ×『聞き書ふるさとの家庭料理7』農山漁村文化協会編 農山漁村文化協会 2003年
 ×『老舗饅頭』本多由紀子/編 小学館 1995年
 ×『おみやげと鉄道』鈴木勇一郎/著 講談社 2013年
 ×『ニッポンおみやげ紀行』泉麻人/著 大和書房 1999年
 ×『おいしいおみやげずかん』平野恵理子/著 ベストセラーズ 2005年
 ×『地域発ヒット商品のデザイン』バイインターナショナル 2014年
 ×『おみやげ』神崎宣武/著 青弓社 1997年
 ×『日本全国「お土産・名産品」おもしろ事典』日本博学倶楽部/著 PHP研究所 2008年
 ×『和菓子のほん』中山圭子/文 福音館書店 2004年
 ×『諸国和菓子めぐり』駒敏郎/著 本阿弥書店 1988年
 ×『事典和菓子の世界』中山圭子/著 岩波書店 2006年
 ×『わくわくほっこり和菓子図鑑』君野倫子/著 二見書房 2012年
 ×『和菓子』NHK「美の壺」制作班/編 日本放送出版協会 2007年
 ×『和菓子の絵本』平野恵理子/作 あすなろ書房 2010年
 ×『和菓子さろん』野上千之/著 東京経済 1997年
 ×『和菓子の技術』旭屋出版 2008年
 ×『和菓子』大阪あべの辻製菓専門学校/編 同朋舎メディアプラン 2003年
 ×『家庭画報が選ぶ和菓子435選』世界文化社 2005年
 ×『和菓子教本』日本菓子教育センター/編 全国和菓子協会/監修
 ×『事前に調べる修学旅行パーフェクトガイド6』日本修学旅行協会/監修 金の星社 2003年
 ×『日本の地理2』学研教育出版 2013年
 ×『郷土料理』龍崎英子/監修 ポプラ社 2009年
 ×『郷土料理とおいしい旅16』朝日新聞社編 朝日新聞社 1985年
 ×『日本の食生活全集』 34 広島 農山漁村文化協会 1987年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
食品工業  (588 9版)
参考資料
(Reference materials)
広島 宮島 岩国 JTBパブリッシング 2009.7 291.76 978-4-533-06454-8
日本銘菓事典 山本候充/編著 東京堂出版 2004.8 588.3 4-490-10645-9
郷土菓子 平凡社 2013.11 588.36 978-4-582-94558-4
キーワード
(Keywords)
もみじまんじゅう
広島
もみじ饅頭
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
小学生
登録番号
(Registration number)
1000174633解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!