このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000174230
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H27-017
事例作成日
(Creation date)
2015年02月05日登録日時
(Registration date)
2015年05月04日 10時38分更新日時
(Last update)
2015年05月04日 10時38分
質問
(Question)
かつての日本で、島流しの刑という死罪の次に重い罰があった。おもに佐渡に流された(流罪)罪人が、どれだけ大変だったのかがわかる資料を閲覧したい。
例えば、どのような舟で、どの位時間がかかったのか等。
回答
(Answer)
資料①~④を利用者に提供した。閲覧され、必要な個所を複写された。
回答プロセス
(Answering process)
市内OPACでキーワードを“シマナガシ”にして検索し次の資料を見つけた。

①『遠島』 大隈三好/著 雄山閣 2003 (相模大野図書館請求記号:322.1)


検索エンジンGoogle( http://www.google.co.jp/ 2015/02/10 最終確認)で“佐渡 島流し”をキーワードにして検索した。

Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/ 2015/02/10 最終確認)の“流罪”の項目からの情報ではあるが、島流しのことを流刑や、配流という言い方もすることがわかった。

市内OPACでキーワードを“ルケイ”して検索し次の資料を見つけた。

②『江戸の流刑』 小石房子/著 平凡社 2005 (自館請求記号:S322.15)

資料②から、流刑に処された者を流人と呼ぶことがわかった。
市内OPACでキーワードを“ルニン”に変更して検索し、次の資料を見つけた。

③『佐渡流人史』 磯部欣三/著 雄山閣出版 1975 (相模原市立図書館請求記号:210.1)

④『江戸時代流人の生活』 大隈三好/著 雄山閣出版 1973 (相模原市立図書館請求記号:210.5)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
法制史  (322 8版)
参考資料
(Reference materials)
『遠島』 大隈三好/著 雄山閣 2003
『江戸の流刑』 小石房子/著 平凡社 2005
『佐渡流人史』 磯部欣三/著 雄山閣出版 1975
『江戸時代流人の生活』 大隈三好/著 雄山閣出版 1973
キーワード
(Keywords)
佐渡
島流し
流罪
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000174230解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!