このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000171170
提供館
(Library)
蒲郡市立図書館 (2310237)管理番号
(Control number)
蒲郡-2015-04151-A
事例作成日
(Creation date)
2015年4月15日登録日時
(Registration date)
2015年04月18日 12時03分更新日時
(Last update)
2015年05月31日 09時51分
質問
(Question)
「三河木綿(みかわもめん)」、「三河縞(みかわじま)」という名前がいつ使われ出したのか知りたい。
回答
(Answer)
『日本ガラ紡史話』をみるとp95に、「奈良興福寺大乗院舊藏の記録「永正年中記」永正七年の條には既に「三河木綿」の言葉が記録されてゐる。これは、國産木綿の文獻としては、最も古いものの一つであるといはれてゐる。」とあった。
また『三河繊維産地の歴史』p6にも同様の記述があることから、興福寺に集蔵されている「永正年中記」が、「三河木綿(みかわもめん)」についてはじめて書かれた書物と思われる。
「三河縞」については、特定することができず。
回答プロセス
(Answering process)
1.自館OPACにて「三河木綿」と検索。『叢 2011年 春号』p12~p13より「三河木綿」は江戸時代には存在したこと、「三河縞」は明治時代には、「三河縞」と呼ばれていることがわかった。時代が大きく違うため、まず「三河木綿」を調べることにする。
2.『ほの国通信 '05春-秋 最終号 18号』には、記載がなかった。
3.『三河織物産地のありのまま』のp1に産地の歴史について「1510年(永正7年)蒲郡で綿織物(三川木綿)が生産され、綿業が根を下した。」とあった。また『日本ガラ紡史話』をみるとp95に、「奈良興福寺大乗院舊藏の記録「永正年中記」永正七年の條には既に「三河木綿」の言葉が記録されてゐる。これは、國産木綿の文獻としては、最も古いものの一つであるといはれてゐる。」とあった。『三河繊維産地の歴史』p6にも同様の記述があった。永正年代には三河木綿は使われていたと思われる。このことを利用者に告げると、この「永正年中記」を見てみたい、とのこと。閲覧できる資料が現存しているか探すことにする。
5.『国史大辞典13』p285には、「三河木綿」について書かれているが、「永正七年(1510)三河木綿の名が奈良の興福寺の記録にみえ、贈答品として使用されていたが、(後略)」との記述で、「永正年中記」とは書かれていなかった。
6.『国書総目録第一巻』にも、「永正年中記」の記述なし。
7.国立国会図書館NDL-OPACにて検索するも、ヒットなし。
8.『日本古寺美術全集』第5集、『興福寺』、『奈良六大寺大観 第8巻』、『奈良六大寺大観 第7巻』などで、図版などないか見てみるが、掲載なし。興福寺に集蔵される実物のみでしか、内容をみることができないと思われた。
9.次に「三河縞」について調べる。『三河織物産地のありのまま』p5には「三河縞」について「3.産地商品の変遷(開発した織物)1875年(明治8年)三河縞。(割縞、浅黄、紺木綿、浴衣縞、蒲団縞、蚊帳地)」とあった。開発された年はこれで分かった。
10.『国史大辞典』には「三河縞」についての記述なし。
11.『三河繊維産地の歴史』p13には、「三谷、蒲郡地方の縞木綿は最初牛久保に進出したと伝えられている。」とあり、その後、三河縞がどのように発展していったかの記述があった。こちらをコピーされた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
繊維工学  (586 9版)
参考資料
(Reference materials)
春夏秋冬叢書,叢 2011年春号,2011
ほの国通信事務局,ほの国通信'05春-秋最終号18号,2005
中村精 著 , 中村, 精, 1901-1973. 日本ガラ紡史話. 慶応出版社, 1942.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000680633-00
泉谷康夫 著 , 泉谷, 康夫, 1931- , 日本歴史学会. 興福寺 新装版. 吉川弘文館, 1997. (日本歴史叢書 : 新装版)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002652540-00 , ISBN 4642066551
国史大辞典編集委員会 編. 国史大辞典 第13巻 (まーも). 吉川弘文館, 1992.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002228337-00 , ISBN 4642005137
岩波雄二郎 発行. 国書総目録 第一巻. 岩波書店, 1963.
三河織物工業協同組合 編 三河綿スフ織物構造改善工業組合 編. 三河織物産地のありのまま. 三河織物工業協同組合, 1983.
座右宝刊行会 編集制作. 日本古寺美術全集 第5巻. 集英社, 1980.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001464031-00
奈良六大寺大観刊行会/編 , 奈良六大寺大観刊行会. 奈良六大寺大観 第8巻. 岩波書店, 1970.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000071033-00 , ISBN 4000082485
奈良六大寺大観刊行会/編. 奈良六大寺大觀 第7巻. 岩波書店, 1969.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000639879-00 , ISBN 4000082477
三河繊維産地の歴史,三河繊維振興会/編集,三河繊維振興会,1975
キーワード
(Keywords)
三河木綿
三河縞
興福寺
織物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査 書誌的事項調査 所蔵調査 所蔵機関調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000171170解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決