このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000170866
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2015-001
事例作成日
(Creation date)
2013/05/10登録日時
(Registration date)
2015年04月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年04月15日 10時09分
質問
(Question)
母の日の由来を知りたい。
回答
(Answer)
1907年にアメリカの女性が母の命日にカーネーションを配ったことが始まりで、1914年にアメリカの祝日として制定されました。日本には第2次世界大戦後に伝わったようです。以下の資料に記載があります。
 〇『マザーズ・デー<母の日>』 みうらますこ/作 リブロポート 1991年
 〇『子どもに教える今日はどんな日?』 高橋司/著 PHP研究所 2006年
 〇『今日ってどんな日』 中野昭夫/編著 日本能率協会マネジメントセンター 1997
 〇『日本大百科全書 19』 小学館 1988年
 〇『記念日の事典』 加藤迪男/編 東京堂出版 1999年
 〇『記念日・祝日の事典』 加藤迪男/編 東京堂出版 2006年
 〇『全国年中行事辞典』 三隅治雄/編著 東京堂出版 2007年
 〇『日本の年中行事 5月・6月』 深光富士男/著 学研 2004年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『マザーズ・デー<母の日>』 みうらますこ/作 リブロポート 1991年
  → 巻末に記述あり。「「母の日」はアメリカのウェストヴァージニア州で、アンナ・M・ジャービスが1907年に提唱したのが始まりです。41歳で母を亡くしたアンナは命日に教会でカーネーションを配り、母をしのびました。それが広まって1914年にウィルソン大統領が5月の第2日曜日を「母の日」としてアメリカの祝日に定め、世界中に普及したものです。ー(中略)ー日本では第2次世界大戦後さかんになりー(以降省略)」と記述あり。
 〇『子どもに教える今日はどんな日?』 高橋司/著 PHP研究所 2006年
  p58 「母の日」について、その由来の記述あり。
 〇『今日ってどんな日』 中野昭夫/編著 日本能率協会マネジメントセンター 1997 
  p150 「5/9」の項に、この日の雑学として、「1907(明治40)=アンナ・ジャービス、毎年5月第2日曜日を「母の日」にと提唱(米、フィラデルフィア州)→1914年5月7日、米で法制化」と記述あり。
  p154 「5/13」のコラムに、「カーネーションー1928(昭和3)年5月第2日曜日のこの日、日本で初めて母の日が行われた。由来は9日の欄に記したが、ジャービスがこれを思いついたのは敬愛する母を失った悲しみから。この日に亡き母を偲び胸に白いカーネーションをつけるのは、彼女の母親が好きな花だったことによる。」と記述あり。
 〇『日本大百科全書 19』 小学館 1988年
  p21 「母の日」の項あり。「5月の第2日曜日。母に敬意と感謝を表す日。4旬節の4度目の日曜日に教会を訪れて両親の霊に感謝を捧げたイギリス、ギリシアの風習と、1910年ごろアメリカの1女性が母の追憶のため教会で白いカーネーションを配ったことが結合したものといわれ、1914年ウィルソン米大統領によって制定された。日本には第2次世界大戦後この風習が伝わって赤いカーネーションを母に贈るようになり、母を失った者は白いカーネーションを霊前などに供えることが行われるようになった。」と記述あり。
 〇『記念日の事典』 加藤迪男/編 東京堂出版 1999年
  p68 「母の日」について、その由来の簡単な記述あり。
 〇『記念日・祝日の事典』 加藤迪男/編 東京堂出版 2006年
  p60 「母の日」について、その由来の簡単な記述あり。
 〇『全国年中行事辞典』 三隅治雄/編著 東京堂出版 2007年
  p382 「母の日」について、その由来の簡単な記述あり。「日本では昭和24(1949)年以降行われ始めた。」と記述あり。
 〇『日本の年中行事 5月・6月』 深光富士男/著 学研 2004年
  p29 「母の日」について、その由来の簡単な記述あり。
 ×『 365日「今日は何の日か?」事典』
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 9版)
参考資料
(Reference materials)
マザーズ・デー<母の日> みうらますこ/作 リブロポート 1991.4 E 4-8457-0613-X
今日ってどんな日 中野昭夫/編著 日本能率協会マネジメントセンター 1997.3 204 4-8207-1247-0
子どもに教える今日はどんな日? 高橋司/著 PHP研究所 2006.10 386.1 4-569-65618-8
日本の年中行事 5月・6月 深光富士男/著 学研 2004.3 386.1 4-05-301607-X
日本大百科全書 19 小学館 1988.1 031 4-09-526019-X
記念日の事典 加藤迪男/編 東京堂出版 1999.9 386.9 4-490-10535-5
記念日・祝日の事典 加藤迪男/編 東京堂出版 2006.4 386.9 4-490-10689-0
全国年中行事辞典 三隅治雄/編著 東京堂出版 2007.6 386.1 978-4-490-10710-4
キーワード
(Keywords)
母の日
記念日
5月第2週
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000170866解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!