このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000170273
提供館
(Library)
芳賀町総合情報館 (2400006)管理番号
(Control number)
20150402
事例作成日
(Creation date)
2015年04月02日登録日時
(Registration date)
2015年04月02日 18時28分更新日時
(Last update)
2015年04月02日 18時30分
質問
(Question)
芳賀町の「芳賀」の由来を教えてほしい。また、芳賀町には、芳賀姓の人々は多いのか、知りたい。
回答
(Answer)
「芳賀」、「芳賀郡」の由来については、次の文献を紹介する。
1.『栃木県の地名』(263p)
2.『角川日本地名大辞典 栃木県』(720~722p)
3.『芳賀町史通史編 原始古代中世』(269p)
4.「芳賀町の地名を考える」『芳賀町の歴史読本 近世・近現代編』(323p)

・芳賀町は、昭和29年(1954)3月、祖母井町、南高根沢村、水橋村の1町2村の町村合併により成立した。その際、「芳賀郡の中心として栄えたい」といった関係者の想いがあって、町名を「芳賀」町としたもので、古代からある「芳賀郡」といった郡名の成り立ちとは全く関係はない。
「芳賀郡」の「芳賀(ハガ)」は、古くからある。奈良県藤原宮跡出土木簡に「下[毛]野国芳宜評」と記されたものがあり、「芳宜評」は、「はが(はぎ)のこおり」と読む。これが、時代を下って、8世紀の早い段階で「芳賀郡」に改められたと推定されている。
なお、紹介文献「4.」では、、「芳賀」という地名の領域が、氾濫河川である五行川沿いの地域であることから、「ハガ(芳賀)は動詞ハガス(剥がす)の語幹、またはハグ(剥ぐ)の語幹ハにガ(処)の付いたもの」という五行川の氾濫によって堤防が決壊し、侵食、崩壊した地に由来する災害地名であるとの考えを提示している。

・なお、現在の「芳賀町」に、芳賀姓の人々が多く在住しているということはない。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
芳賀町生涯学習課/編. 芳賀町の歴史読本 : 平成16年度 芳賀町史の歴史講座講義録 近世・近現代編. 芳賀町生涯学習課, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I016928236-00
芳賀町史編さん委員会 編 , 芳賀町 (栃木県). 芳賀町史 通史編 原始古代・中世. 芳賀町, 2003.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004145056-00
平凡社地方資料センター編集 , 平凡社地方資料センター. 栃木県の地名. 平凡社, 1988-08. (日本歴史地名大系)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000001650-00 , ISBN 4582490093
「角川日本地名大辞典」編纂委員会 , 「角川日本地名大辞典」編纂委員会. 角川日本地名大辞典 9 栃木県. 角川書店, 1978.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I045456089-00 , ISBN 4040010906
キーワード
(Keywords)
芳賀
芳賀郡
芳賀町
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000170273解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!