このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000170072
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000020182
事例作成日
(Creation date)
2015/01/16登録日時
(Registration date)
2015年03月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年04月14日 16時49分
質問
(Question)
婚姻届を出すときに法律上必要なのは、戸籍謄本と戸籍抄本のどちらかわかる本はあるか。遠方へ提出するので、先に調べておきたい。
回答
(Answer)
『六法全書 平成26年版 Ⅱ』(有斐閣)p3626戸籍法第四章「届出」第一節「通則」がある。第二十七条の二「縁組等の届出の際の本人確認、届出受理の通知等」およびこの章の第六節「婚姻」より第七十四条が「婚姻届」には、必要な書類についての記載はない。
総務省のサイトのPDF資料  http://www.soumu.go.jp/main_content/000254169.pdf  に、「本人確認の手順・方法等に係る国の法令等 (婚姻届)-抜粋-」があるが、この資料および引用されている「戸籍法及び戸籍法施行規則の一部改正に伴う戸籍事務の取扱いについて( 通達) 法務省民一第1 0 0 0 号 平成2 0 年4 月7 日」 http://nnn07.web.fc2.com/n01/20080407hm1_1000.pdf  にも、婚姻届提出の際の必要書類についての詳しい記載は発見できず。

豊中市のサイトのよくある質問のページ「婚姻届の提出方法について教えてください。」 http://toyofaq.city.toyonaka.osaka.jp/FAQ_P/P200.aspx?FAQID=1003038  (2015年3月確認)には、必要なものの中に「戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)※ 夫と妻各1通(届出地が本籍の場合は必要ありません。) 」とある。

他の自治体について調べてみると、大阪市のサイトの「大阪市市民の方へ 戸籍の届出(出生届、婚姻届など)」 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000004745.html#02  には、必要なものとして「夫と妻の戸籍全部(個人)事項証明書(戸籍謄抄本)1通ずつ」などとあり、注意点に、戸籍全部事項証明書を必要とする場合もあることなどが書かれている。
また生駒市のサイトの「よくある質問Q&A 婚姻届について」 http://www.city.ikoma.lg.jp/faq/detail57.html  には、「婚姻届には、戸籍謄本(戸籍の全部事項証明書)若しくは婚姻される方が載っている戸籍抄本(戸籍の個人事項証明書)が必要です。ただし、現在本籍があるところに提出される場合は、省略できます」などとある。

『戸籍のことならこの1冊』(自由国民社)p80-85「結婚すると新しく夫婦の戸籍が作られる」には、届出に必要な書類として、「届出地に本籍のない人は戸籍謄本(全部事項証明)」などとある。
『夫婦親子男女の法律知識 改訂版』(自由国民社)p41-43「結婚の届出にはどんな手続きをとるのか?」には、「当事者の本籍でないところに届け出るときは、その者の戸籍抄本が必要」などの記載あり。

豊中市市民課に問い合わせたところ、場合によるので、まず届出地となる市区町村にたずねていただくのが一番とのこと。ただし、戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)は戸籍一部事項証明書(戸籍抄本)の代わりになるが逆は無理なので、一般論として迷った場合は戸籍謄本をお勧めするとの回答があった。

なお、『すぐわかる 戸籍の読み方・取り方・調べ方』(成美堂出版)p14-15「戸籍が必要となるケース、届出が必要となるケース」には、「本籍地以外の場所で婚姻届を提出する場合」とあるが、必要な事項についての詳しい記載はなかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
民法.民事法  (324 9版)
参考資料
(Reference materials)
『戸籍のためのQ&A「婚姻届」のすべて』荒木 文明/著(日本加除出版) (61-62p)
『夫婦親子男女の法律知識』[2003年版](自由国民社) (92p)
『日常生活の法律全集』[2004年版](自由国民社) (74p)
『六法全書』平成26年版2 井上 正仁/編集代表(有斐閣)
キーワード
(Keywords)
婚姻届(コンイントドケ)
戸籍謄本(コセキトウホン)
戸籍抄本(コセキショウホン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000170072解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!