このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000169991
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000827
事例作成日
(Creation date)
2015/03/27登録日時
(Registration date)
2015年03月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年03月28日 00時30分
質問
(Question)
伊波普猷がニーチェの言葉を基にして詠んだ琉歌について知りたい。
回答
(Answer)

『生誕百年記念アルバム 伊波普猷』(国吉 真哲 [ほか] 編、伊波普猷生誕百年記念会(沖縄)、1976.9)
p4-5 「伊波普猷 人と思想 比屋根照夫」で、p4 「「深く掘れ己の胸中の泉、餘所たゆて水や汲まぬごとに」とは、ニーチェの警句「汝の立つ所を深く掘れ、其處処には泉あり」を愛した伊波普猷が沖縄語に翻案した琉歌である。」の記述がある。
p61-65 「伊波普猷の筆跡」の項目で、p61 「比嘉春潮所蔵『古琉球』再版本の序文の末尾にペン字で書き込んだ琉歌 ニーチェの箴言を翻案したもので「深く掘れ 己の胸中の泉 餘所たよて 水や汲まぬごとに」となっている」の記述がある。


『浦添市立図書館紀要 No.8』(浦添市立図書館 編・刊、1997.3)
p72-81 「伊波普猷と末吉麦門冬(安恭)の交流 粟国恭子」の論文で、p74 「その頃の伊波は、年末発行予定の『古琉球』の編集執筆を手掛けていた。その年の3月に自らの琉球姿を写真に収め、7月上旬には『古琉球』の序文を書き終えていた時期である。そしてニーチェの言葉から「深く掘れ己の胸中の泉 余所たよて水や汲まぬごとに」の琉歌を詠んだばかりの伊波の自宅を、麦門冬は訪れた。」、p76 「伊波は、初版には無かったニーチェの「汝自身を知れ、そこには泉あり」の言葉を、大正5年に刊行された『古琉球』再版の序に付け加えた。」の記述がある。


『古琉球』(伊波 普猷 著、糖業研究会出版部、1916(大正5).9)
p6 伊波普猷の自序の後ろに、「汝の立つ所を深く掘れ、其處処には泉あり ニーチェ」の記述がある。
※ 比嘉春潮文庫の『古琉球』(資料ID:1002088753)には、ニーチェの言葉の後ろに、ペン字で書き込まれた伊波普猷自筆の琉歌がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 生誕百年記念アルバム 伊波普猷 国吉 真哲[ほか]∥編集 伊波普猷生誕百年記念会(沖縄) 1976.9 K289/I25 p4-5,61-65

2 浦添市立図書館紀要 No.8 浦添市立図書館∥編 浦添市教育委員会 1997.3 K01/U84/8 p72-81

3 古琉球 伊波 普猷∥著 糖業研究会出版部 1916(大正5).9 SK200.4/I25 p6
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000169991解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決