このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000169859
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15021218170234
事例作成日
(Creation date)
2014/12/14登録日時
(Registration date)
2015年03月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
篆刻で使われている書体の違いを知りたい。また、篆書には小篆と大篆があるときいたが、その違いも教えてほしい。
回答
(Answer)
『方寸の世界に遊ぶ はじめての篆刻入門』には、篆刻の歴史とともに書体についての説明がある。また、『やさしい金文・篆書入門』には、大篆と小篆の書体が用いられていた時代と事例が掲載されている。秦代に用いられた小篆は「大篆から取って、やや省改したもの」とあり、大篆は、西周晩期に記された「大篆十五篇」のこととされる。『書の百科6 篆書百科』には、篆書の歴史と題して、成立とその変遷がまとめて紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
印章.篆刻.印譜  (739 9版)
参考資料
(Reference materials)
真鍋井蛙監修『方寸の世界に遊ぶ はじめての篆刻入門』 淡交社,2006,111p. 参照はp.20.
佐藤平泉『やさしい金文・篆書入門』 日本習字普及協会,2007,127p. 参照はp.4.
『書の百科 6』 芸術新聞社,2010,192p. 参照はp.49-50.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2015021218125670234
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000169859解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!