このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000169856
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15020511470224
事例作成日
(Creation date)
2014/12/2登録日時
(Registration date)
2015年03月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
枝豆を栽培中だが、莢の中に実が入らない。原因を知りたい。
回答
(Answer)
枝豆が空莢になる(莢の中に実が入らない)原因は、適正な施肥量と栽植密度、温度や日照、土壌水分、受粉時の気象条件などが関係していることが分かった。

回答の参考にした書籍は以下の通りである。
①『これだけは知っておきたい野菜づくりの基礎知識』には、「エダマメは強光線を好みます。密植するとすぐに徒長して実つきが悪くなるので注意してください。」と記載されている。

②『育てよう!食べよう!野菜づくりの本』には、「水不足で大豆を育てると、苗1本につくさやの数が少なくなったり、さやの豆の数が、ふつうは3つなのが、2つだったり、ひとつだったり、まったく入らなかったりする」と記載されている。

③『プロに教わる野菜づくり成功の法則』には、枝豆の栽培ポイントが分かりやすく書かれており、「肥料を施しすぎると、葉や茎ばかりが生長し、実がつかない場合もあるので、注意が必要です。」と記載されている。

④『家庭菜園全科4』には、「サヤ数やマメ粒の数は開花期までの気象および栽培条件により決まり、収穫量はその後の管理の仕方によって決まる。そのポイントは、温度、水、光である。」と記載されている。また、「着莢率(サヤ/花数の割合:%)はかなり低く、通常1/3から1/2である。」という記載や、「栽培条件のおもな原因には、適正な施肥量と栽植密度、温度や日照、土壌水分、受粉時の気象条件などがある。」という記載もある。サヤとマメ粒の異常についても触れられている。

⑤『野菜園芸大百科8』には、エダマメの特性と品種、栽培の実際が書かれており、土壌管理から温度管理、水、照明管理、病害虫対策など、多岐にわたって記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
蔬菜園芸  (626 9版)
参考資料
(Reference materials)
井上 昌夫『これだけは知っておきたい野菜づくりの基礎知識』 西東社,2012,233p. 参照はp.198.
こどもくらぶ『育てよう!食べよう!野菜づくりの本2』 ポプラ社,2003,47p. 参照はp.15.
加藤 義松『プロに教わる野菜づくり成功の法則』 家の光協会,2009,160p. 参照はp.126-127.
戸澤 英男『家庭菜園全科4』 農山漁村文化協会,2008,233p. 参照はp.16-25.
農文協『野菜園芸大百科8』 農山漁村文化協会,2014,516p.
キーワード
(Keywords)
枝豆,空莢
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2015020511454770224
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000169856解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!