このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000169846
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M14121717369299
事例作成日
(Creation date)
2014/12/17登録日時
(Registration date)
2015年03月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
岡山県内で使われるじゃんけんの掛け声にはどんなものがあるか。
回答
(Answer)
・『岡山の童うたと遊び』(資料①)には、以下のとおり記載がある。

「現在、“ジャンケンホイ、アイコデショ、ショッショデショ、ショ、ショ”が一般的で、“ジャンケンポン”とか“ジャンケイポイ”ともいっている。しかし、ジャンケンの言葉は、地方によって相当な変化をしていた。
 リンマンキシ。リーターホイ(岡山市)
 チツチノホイ(岡山市、浅口、児島、苫田)
 チンケンホイ(御津、川上)
 ジイシャホイ。ジャラジャラスッケンホイ。チンケンホエー、アイコデサー。センリーシャタ、イノタ(総社市)
 チュンマンヘ(都窪)
 チリューホイ イッチンホイ(倉敷市)
 シューケンホイ(英田)
 ワンテーカーホイ(津山市)
 チンケンホン(阿哲)
 チッチノホイ(苫田)
などとなっている。」

・『岡山県につたわるこどもの遊び』(資料②)には、「“わんてえか”というのは、ジャンケンのことで、むかし津山地方だけで使われていたことばですが、今ではまったく使われていないようです。」、「岡山市内では“リッチンホイ”とか、“リッチンター”と言ってジャンケンをしていた」との記載がある。なお、「現代では、テレビなどの影響で“ジャンケンポン”が全国共通のことばになってしまいました」と補足されている。

・『伝承遊び考 4 じゃんけん遊び考』(資料③)には、全国のじゃんけんの掛け声が紹介されている。じゃんけんの掛け声の中でも、「短くて強く、鋭い」、また「鋭い掛け声の中に多くの期待、情熱、決意をこめ、肩や両手に力を託す」ものを「短詞型」、詞句が長くなるものを「中詞型」や「長詞型」などと分類して詞句が紹介されている。さらに、「掛け声の最初の語句を五十音順に列挙し、資料の多出地域をその掛け声の流布している区域と見なし、その都道府県名を多少の順に記載」している。
 市町村地域までの詳細な記載はないが、岡山県の事例も紹介されいる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
方言.訛語  (818 9版)
参考資料
(Reference materials)
①立石憲利『岡山の童うたと遊び』岡山 日本文教出版,1981,172p. 参照はp.148-150.
②岡山県小学校体育連盟『岡山県につたわるこどもの遊び』光文書院,1983,160p. 参照はp.150-151.
③加古里子『伝承遊び考 4 じゃんけん遊び考』小峰書店,2008,394,3p. 参照はp.69-245.
キーワード
(Keywords)
ジャンケン
じゃんけん
掛け声
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2014121717302969299
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000169846解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!