このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000169266
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
0000001173
事例作成日
(Creation date)
2015/08/02登録日時
(Registration date)
2015年03月18日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年11月28日 14時35分
質問
(Question)
「分間絵図」の読み方と意味
回答
(Answer)
読みは以下のいずれの資料でも「ぶんけんえず」。(ただし「とうかいどうぶんげんえず」 http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/haku/osusume/toukaidoubungenezu.htm 「とうかいどうぶんげんのべえず」 http://www5.city.yokkaichi.mie.jp/menu68095.html  など「ぶんげん」と読んでいる例もある。)
1.『大辞林』によると「分間」(または分見)は測量の意味で、それをもとに絵画的表現をとりいれて作ったのが分間絵図。
2.『日本国語大辞典』では「分見絵図」と表記され、「分見したものを記した絵図。測量図。地図」とある。また「分見・分間」には「土地の高低・遠近・距離などを測量すること。(後略)」とある。
3.『日本史用語辞典』でも「分間絵図」は分間によって作られた絵図とされているが、「分間」をみると「磁石を立てて十二支を割振り~」など具体的な方法が書かれている。
4.『古文書解読用語事典』は「分間」の項に分間絵図への言及があり、「測量して縮尺したものを分間絵図という(大意)」とされている。こちらも測量や縮尺の具体的な方法の記述あり。
5.『古文書用字用語大辞典 』では「近世~明治初期の実測地図のこと」とされている。
6.『絵図学入門』では分間絵図と測量に関して論じている箇所がある。また208pでは地図のメタデータの項目名として「分間(縮尺)」という表記がみえる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
歴史補助学  (202 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 大辞林 第3版 松村/明?編 三省堂編修所?編 三省堂 2006.10 R813.1/10036

2 日本国語大辞典 第11巻 第2版 小学館国語辞典編集部?編集 小学館 2001.11 R813.1/10019/11

3 日本史用語辞典 日本史用語辞典編集委員会?編 柏書房 1979.10 210.03/114 p734

4 古文書用字用語大辞典 荒居/英次?[ほか]編集 柏書房 1980.8 202.9/28 p432

5 古文書解読用語事典 池田/正一郎?編 新人物往来社 1981.6 202.9/32 p293

6 絵図学入門 杉本/史子?編 礒永/和貴?編 東京大学出版会 2011.7 291.03/10094 p137,166,206
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000169266解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!