このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000168922
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2014-036
事例作成日
(Creation date)
2012/06/23登録日時
(Registration date)
2015年03月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年03月18日 09時45分
質問
(Question)
詩吟で歌う「弘道館梅花賞」(徳川斉昭・作)の内容、意味が知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に記載があります。
  〇『漢詩の名作集 上 』簡野道明/原著 明治書院 2011年
  〇『日本 漢詩百選』 安藤英男/[著] 大陸書房 1977年
  〇『詩吟道大鑑』 榊原帰逸/著 金園社 1981年
  〇『日本漢詩紀行』 渡部英喜/著 東方書店 1995年
回答プロセス
(Answering process)
1 所蔵資料の内容確認
  〇『日本 漢詩百選』 安藤英男/[著] 大陸書房 1977年
     P128~129に以下の記載あり。
    [題意] 「天保12年(1841年)、斉昭が42歳とき、水戸藩校・弘道館は仮開館式を挙げた。斉昭の構想いらい、7年がかりの大規模なもので、校内には多くの梅を植えた。この詩は、この梅に託して抱負を述べたものである。」
    [大意] 「弘道館の校内にある沢山の梅は、今を盛りと咲ききそい、芳ばしい香りをただよわせている。梅の花は、好文と異名をとったくらいで、文学に関係が深いといわれている。しかし、梅花は、文だけではなく、武をも象徴していると思われる。見よ、きびしい霜雪にたえて、いちはやく花を咲かせる雄々しさよ。人間もこのように、文武両全でありたいものである。」
    [余説][作者]の記載もあり。
 
  〇『漢詩の名作集 上 』簡野道明/原著 明治書院 2011年
    P2に記載あり。[訓詁][評釈]あり。
 
  〇『詩吟道大鑑』 榊原帰逸/著 金園社 1981年
    P638に記載あり。[通釈]あり。
 
  〇『日本漢詩紀行』 渡部英喜/著 東方書店 1995年
    P174~175に記載あり。解説等あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
漢詩文.日本漢文学  (919 9版)
参考資料
(Reference materials)
漢詩の名作集 上 簡野道明/原著 明治書院 2011.4 921 978-4-625-66420-5
日本 漢詩百選 安藤英男/[著] 大陸書房 1977 919
詩吟道大鑑 榊原帰逸/著 金園社 1981.12 768.9
日本漢詩紀行 渡部英喜/著 東方書店 1995.8 919 4-497-95457-9
キーワード
(Keywords)
弘道館梅花賞
徳川斉昭
詩吟
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000168922解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決