このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000168830
提供館
(Library)
千葉県立西部図書館 (2120003)管理番号
(Control number)
千県西-2015-8
事例作成日
(Creation date)
2015年01月20日登録日時
(Registration date)
2015年03月10日 14時39分更新日時
(Last update)
2015年03月10日 14時39分
質問
(Question)
鳩を見ているとよく地面をついばんでいるように見えるが、何をしているのか。(土を食べているのか? カルシウムの補給か? 胃の働きを助けるのか?)このことについて書いてある文献が見たい。
回答
(Answer)
「鳩が地面をついばんでいる理由」として明記している資料は見当たらなかったが、鳥類の消化の仕組みについての資料(下記3件)によると、鳩に限らず、鳥類には口に歯がなく、飲み込んだ食べ物を胃の中の砂嚢(さのう)あるいは筋胃(きんい)ですりつぶす、砂嚢の中で砂と一緒に強力な筋肉でこすりあわせて食物を砕く、ということがわかる。このために予め砂を飲み込んでおくのだと考えられる。

【資料1】『鳥の雑学辞典』
「鳥に砂肝があるわけ」の項に「砂嚢の中で砂と一緒に強力な筋肉でこすりあわせて食物を砕く」等の記載あり(p42)。

【資料2】『鳥たちの私生活』
鳥類の胃、砂嚢の砂についての記述あり(p78)。

【資料3】『鳥類学』
「摂食と消化」の項に、消化の仕組みの説明や、体内の図(胃や食道など)があり(p175-182)。
回答プロセス
(Answering process)
自館所蔵の鳥類事典、図鑑類を確認したが、鳩は載っているが消化の仕組み等は見当たらず。鳩に限らず鳥類に範囲を広げて、消化の仕組みが載っていそうな資料を探した。
以下の資料には、鳩は載っているが該当する内容はみあたらなかった。
『日本の野鳥 写真検索 山溪ハンディ図鑑』(叶内拓哉写真・解説 山と溪谷社 2014)
『日本の鳥550 山野の鳥 ネイチャーガイド』(五百沢日丸解説 文一総合出版 2000)
『原色日本野鳥生態図鑑 陸鳥編』(中村登流共著 保育社 1995)
『世界鳥類事典』(同朋舎出版 1996)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鳥類  (488 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『鳥の雑学事典』(山階鳥類研究所著 日本実業出版社 2004)(1101893174)
【資料2】『鳥たちの私生活』(デービッド・アッテンボロー著 山と渓谷社 2000) (1101699767)
【資料3】『鳥類学』(フランク・B.ギル著 新樹社 2009)(1102196332)
キーワード
(Keywords)
鳥類
砂嚢(さのう)
筋胃(きんい)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000168830解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!