このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000168692
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2014-0120
事例作成日
(Creation date)
2015/02/01登録日時
(Registration date)
2015年03月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年03月07日 00時30分
質問
(Question)
『寛政重修諸家譜』(『寛政譜』)の完成年を知りたい。また、これには江戸幕府のすべての武士が掲載されているのか、掲載順序の基準の有無についても知りたい。
回答
(Answer)
『日本史広辞典』によりますと、「一七九九年(寛政一一)一月に着手し、一八一二年(文化九)九月に完成。徳川氏一門を除く御目見以上の大名・旗本および医師・同朋・茶人など、幕府と直接の支配関係にあったもの約10万人を収録し、神代から世系を立ててその本支分脈を明らかにし、家の由緒や個人の事績を記録する。」とあります。
上記の記載のうち「御目見」(おめみえ)とは、将軍に公式の場で拝謁できることを意味し、『日本史用語大事典』によりますと、「(前略)御目見得とも書く。江戸幕府では幕臣の格式を示し、御目見以上が旗本、御目見以下が御家人と区別された。(後略)(伊東)」とあり、「御家人」の項では御家人は「(前略)与力、同心、代官所の手付などの役職に付いた。(伊東)」とあります。
『寛政重修諸家譜』は、新訂版が現在続群書類従完成会から30巻(本編22巻、索引など8巻)が発行されています。掲載順序について、『江戸の役人事情』は「例外もあるが、本編二十二巻からなる『寛政譜』の記載巻数が小さいほど、徳川家との関係が古く、由緒があると考えてよい。つまり、巻数の少ないほど、家柄・格式が高いわけである。」と記載しています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 日本史広辞典 日本史広辞典編集委員会∥編 山川出版社 1997年 R-2100-ニ p.341

2 国史大辞典 3 国史大辞典編集委員会∥編 吉川弘文館 1983年 R-2100-3 p.859

3 日本史文献解題辞典 加藤友康∥編 由井正臣∥編 吉川弘文館 2000年 R-2100-カ p.187

4 日本史用語大事典 武光誠∥[ほか]編集 新人物往来社 1995年 R-2100-タ p.211,444

5 江戸の役人事情 水谷三公∥著 筑摩書房 2000年 G-2105-ミ p.67-68
キーワード
(Keywords)
寛政重修諸家譜
御目見
御目見得
江戸幕府
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000168692解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決