このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000168375
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2014-0116
事例作成日
(Creation date)
2014/12/31登録日時
(Registration date)
2015年02月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年02月28日 00時30分
質問
(Question)
滋賀県庁はもと大津の園満院にあり、移転して現在の地に新築された。新庁舎の正式な開庁日と、敷地面積や建物の概要を知りたい。また、新庁舎の写真を見たい。
回答
(Answer)
『滋賀縣沿革誌』、『滋賀県百年年表』、『新修大津市史 第5巻』によりますと、新庁舎の開庁日は明治21年(1888)6月25日です。『新修大津市史 第5巻』によりますと、新庁舎の概要は「全用地は13,265坪、うち構内敷地は5,000坪、本館は建坪512坪。レンガ二階建ての洋風建築で、中央を正庁とし、向かって左側に警察本部、右側に県会記事堂が設けられていた。」とあります。1坪は約3.3平方メートルですので、全用地約43,775平方メートル、構内敷地約16,500平方メートル、本館建坪約1,690平方メートルになります。
新庁舎の白黒写真が以下の資料などに掲載されています。

1 『滋賀縣寫真帖』 滋賀縣編 滋賀縣 1910年

2 『滋賀縣寫真帖』 滋賀縣編 滋賀縣 1915年

3 『滋賀縣ガイドブック 第1巻』 北村重之助著作 古川書店 1909年 

4 『滋賀県議会史 第1巻』 滋賀県議会史編さん委員会編さん 滋賀県議会 1971年

5 『写真集明治大正昭和大津』 徳永真一郎編 国書刊行会 1980年

6 『目で見る大津の100年』 郷土出版社 1992年

7 『新修大津市史 第5巻』 林屋辰三郎[ほか]編 大津市役所 1982年

8 『滋賀県庁舎本館』 石田潤一郎著 池野保著 サンライズ出版 2014年
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀縣沿革誌 滋賀縣∥編 滋賀縣 1911年 S-3100- 11 p.93

2 滋賀県百年年表 滋賀県史編さん室∥編 滋賀県 1971年 S-2600- 71 p.37

3 新修大津市史 第5巻 近代 林屋辰三郎∥[ほか]編 大津市役所 1982年 S-2111-5 p.152

4 滋賀縣寫真帖 滋賀縣∥編 滋賀縣 1910年 5-2900- 10 p.1

5 滋賀縣寫真帖 滋賀縣∥編 滋賀縣 1915年 5-2900- 15 p.1

6 滋賀縣ガイドブック 第1巻 北村重之助∥著作 古川書店 1909年 5-2900-1

7 滋賀県議会史 第1巻 滋賀県議会史編さん委員会∥編さん 滋賀県議会 1971年 S-3100-1 巻頭p.3

8 写真集明治大正昭和大津 徳永真一郎∥編 国書刊行会 1980年 SB-2611- 80 p.16-17

9 目で見る大津の100年 郷土出版社 1992年 SB-2611- 92 p.11

10 滋賀県庁舎本館 石田潤一郎∥著 池野保∥著 サンライズ出版 2014.10 S-5211- 14 p.15-16
キーワード
(Keywords)
滋賀県庁
建造物
滋賀県行政
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
2110049-1101(大津市立図書館提供)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000168375解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!