このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000168357
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2014-0113
事例作成日
(Creation date)
2014/12/31登録日時
(Registration date)
2015年02月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年02月28日 00時30分
質問
(Question)
大津市坂本六丁目にある生源寺の鐘は破鐘(われがね)といわれているそうだが、その理由を知りたい。
回答
(Answer)
『ぐるっとびわ湖巡礼の旅』によりますと、「一五七一(元亀二)年、織田信長の比叡山焼き討ちの日の朝、日吉大社にお参りした地元の住民が織田軍勢を発見した。この異変を知らせるために生源寺の釣り鐘をたたいた。強打したためヒビが入り不思議な音色になったという。」とあります。このほか、『びわ湖百八霊場公式ガイドブック』、『滋賀県の歴史散歩 上』、『さかもと』にも同様のことが掲載されています。
なお、この破鐘は生源寺境内から移されて、現在JR湖西線比叡山坂本駅前の「坂本石積の郷公園」に設置されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各宗  (188 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 ぐるっとびわ湖巡礼の旅 京都新聞出版センター∥編 京都新聞出版センター 2011.7 S-1800- 11 p.20

2 びわ湖百八霊場公式ガイドブック 木村至宏∥監修 淡交社 2011.3 S-1800- 11 p.35

3 滋賀県の歴史散歩 上 大津・湖南・甲賀 滋賀県歴史散歩編集委員会∥編 山川出版社 2008年 S-2900-1 p.21

4 さかもと 大津市立坂本小学校∥編 大津市立坂本小学校 1969年 S-2111- 69 p.91
キーワード
(Keywords)
生源寺
破鐘
梵鐘
織田信長
比叡山焼き討ち
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
2110049-1101(大津市立図書館提供)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000168357解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決