このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000168351
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2014-0094
事例作成日
(Creation date)
2014/12/31登録日時
(Registration date)
2015年02月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年02月28日 00時30分
質問
(Question)
成長痛について知りたい。
回答
(Answer)
『看護学大辞典』によりますと、「幼児・学童において明確な原因疾患がなくて生じる四肢の疼痛をいう。関筋通と筋肉痛が含まれるが、これを区別することが困難な場合がある。好発部位は膝や大腿である。疼痛以外には何の症状もなく、夜間に訴えることが多く昼間は無症状である。疼痛は数日続いて間欠的に起こり、数か月続くこともある。特別な治療はないが、湿布やマッサージを行うと患児は安心する。関節痛をきたす他の疾患との区別が重要である。」とあります。
また、『保健同人家庭の医学』には、「10歳未満、ことに5~6歳ごろの子どもが、夕方から夜にかけて、いつも下肢(かし)を痛がることがあります。検査しても異常がない場合、これを成長痛とよんでいます。神経質な子どもに多く、心身症(しんしんしょう)のひとつの症状とも言われています。痛みを訴えるのは寝入りばながいちばん多く、夜中にめざめて泣きだす子もいます。両側の膝関節(しつかんせつ)が同時に痛むことが多いのですが、それが片側であったり、足関節であったりと、違っているのも特徴的です。お母さんがさすってあげると眠りにつき、翌朝はけろりとしています。」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
臨床医学.診断.治療  (492 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 看護学大辞典 メヂカルフレンド社 2002年 R-4929-カ p.1222

2 保健同人家庭の医学 保健同人社 2000年 3-5982-カ p.1328
キーワード
(Keywords)
成長痛
心身症
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
2110049-2401(守山市立図書館提供)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000168351解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!