このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000168334
提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
r153
事例作成日
(Creation date)
2014年10月19日登録日時
(Registration date)
2015年02月27日 12時13分更新日時
(Last update)
2015年03月24日 19時53分
質問
(Question)
「鳥(とり)」と「烏(からす)」の漢字の成り立ちについて知りたい。
回答
(Answer)
次の資料に、「カラスは色が黒く、目の部分が判別できないため、鳥(とり)の一画を省いてつくる」旨の記述を確認しました。

 ・『大漢和辞典 巻7 修訂版』(諸橋轍次/著 大修館書店 1985)
 ・『動物の漢字語源辞典』(加納喜光/著 東京堂出版 2007)



【2015.3.24追記】
香川県立図書館から以下の情報をいただいた。


・漢字んな話 前田安正/著,桑田真/著 三省堂 2010.1

  ※p.118-119「【烏】黒服を着た太陽の申し子」の項に次のような記述あり。

   「(ご隠居)・・・辞書には、体が黒いんで目がどこにあるか分からないから、目に当たる部分の一画を省いた、なんて書いてあるけどね。」
   「(咲)えー、そんな理由なの?」
回答プロセス
(Answering process)
以下の資料を確認した。

・『大漢和辞典 巻7 修訂版』(諸橋轍次/著 大修館書店 1985)
 「烏」(p.395-396)の「解字」に以下の記述があった。(※旧漢字は新漢字に改めている。)
 「象形。烏の形に象る。烏は其の色黒く、遠くから見る時は眼を見分けることが出来ないから、鳥の時の一画を省いて其の意を表はす。」

・『動物の漢字語源辞典』(加納喜光/著 東京堂出版 2007)
 「烏」(p.358)の「字源」という項目に以下の記述があった。
 「ある種の鳥を描いた図形で、「鳥」ときわめて似ている。カラスは真っ黒なため、「鳥」の目玉の部分がない形になっているという説(説文解字の段玉裁の注)がわかりやすい。」

・『図説漢字の成り立ち事典』(辻井京雲/著 教育出版 1993)
 カラスに関する記述は確認できなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音声.音韻.文字  (811)
辞典  (813)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
漢字
カラス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000168334解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!