このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000168278
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2014-090
事例作成日
(Creation date)
2013年09月05日登録日時
(Registration date)
2015年02月26日 12時17分更新日時
(Last update)
2015年05月01日 13時48分
質問
(Question)
最高裁判所設置当時(1947年)の、初代最高裁判所長官人事について書かれた資料が見たい。
回答
(Answer)
下記回答プロセス中の資料を紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を〈最高裁判所〉で検索しヒットした資料や関連の書架を調査
図書
『最高裁長官の戦後史(権力者の人物昭和史5)』(野村二郎著 ビジネス社 1985)
 p17-20 「十五裁判官の選出」に最初の最高裁判官の選出方法・事情についての記述あり。
『最高裁判所』(日本弁護士連合会編 日本評論社 1980)
 p119-122「発足時の最高裁裁判官選任の経緯」あり。
『今日の最高裁判所 原点と現点』(日本評論社 1988)
 p183-214「最高裁判所の生誕」(D.J.ダネルスキー著 早川武夫訳)
 アメリカ人研究者が面接調査等を通し書き上げた、ノンフィクションの最高裁判所生誕記。
占領開始から最高裁判所の最初の裁判官十五名が任命・認証式に臨むまでを詳細につづったもので、第一次、第二次の裁判官任命諮問委員会の様子も詳しく書かれている。
『最高裁判所論』(和田英夫 日本評論社 1971)
 p21-29 「第2章 最高裁判所の創設と展開 三 最高裁判官の第一回任命人事とその後」の項あり
雑誌記事
和田英夫「最高裁判所裁判官の任命方法・国民審査」(『ジュリスト no.289』有斐閣 1964)
 p256に、最高裁判所発足前後の任命人事の実態についての検証あり。

記述の少ない資料
『片山内閣 片山哲と戦後の政治』(片山内閣記録刊行会編 1980)
 p279-280 「第16章 新憲法下の初の国会 1 初代最高裁長官人事・貿易基金設定など」の項に約1頁分の記述あり
『最高裁判所 司法中枢の内側』(野村二郎 講談社 1987)
 p51-53 「発足時の人事抗争」の項あり。
『政治を生きる』(飯尾潤ほか編著 中央公論新社 2012)
 p203-204 「三淵忠彦長官の選任」の項あり。
『最高裁判所』(角田昌和著 教育社 1975)
 p44-45「裁判官任命諮問制度」について数行の記述あり。
 p168-170「第八章 歴代最高裁長官の横顔 初代長官 三淵忠彦」の項に、選出の経緯の記述が数行あり。
『最高裁全裁判』(野村二郎著 三省堂 1986)
 p1-3「新鮮な息吹き 最高裁判所の発足」に、任命の経緯あり。
『日本の裁判官(法曹シリーズ 2)』(野村二郎著 早稲田経営出版 1992)
 p112-116「3 裁判の歴史 最高裁が発足」に、任命の経緯あり。

上記より初代長官が「三淵忠彦」と判明したため、三淵忠彦についてインターネット調査
《Wikipedia》「三淵忠彦」の項目( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B7%B5%E5%BF%A0%E5%BD%A6  ウィキメディア財団 2015/2/26最終確認)
参考文献として『最高裁物語(上・下)』(山本祐司著 日本評論社 1994)あり。参考に紹介する。
そのほか記載のある参考文献は《北海道教育大学学術リポジトリ》( http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/  北海道教育大学 2015/02/26最終確認)で閲覧できる。


その他調査済み資料
『裁判所百年史』(最高裁判所事務総局編 大蔵省印刷局 1990)
『裁判法(法律学全集 34)』(兼子一ほか著 有斐閣 1999)
和田英夫「最高裁判所の「内側」と「外側」1-3」(『判例時報 420号、421号、423号』判例時報社 1965)
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者が《NDL-OPAC》を〈最高裁判所長官〉の検索語で検索したが、これといってヒットするようなものはなかったとのこと。
NDC
法制史  (322 9版)
司法.訴訟手続法  (327 9版)
参考資料
(Reference materials)
『最高裁長官の戦後史(権力者の人物昭和史5)』(野村二郎著 ビジネス社 1985), ISBN 4-8284-0247-0
『最高裁判所』(日本弁護士連合会編 日本評論社 1980), ISBN 4-535-57194-5
『今日の最高裁判所 原点と現点』(日本評論社 1988), ISBN 4-535-40718-5
『ジュリスト no.289』(有斐閣 1964)
『片山内閣 片山哲と戦後の政治』(片山内閣記録刊行会編 1980)
『最高裁判所 司法中枢の内側』(野村二郎著 講談社 1987), ISBN 4-06-148842-2
『政治を生きる』(飯尾潤ほか編著 中央公論新社 2012), ISBN 978-4-12-004357-4
『最高裁判所』(角田昌和著 教育社 1975)
『最高裁全裁判』(野村二郎著 三省堂 1986), ISBN 4-385-32040-3
『日本の裁判官(法曹シリーズ 2)』(野村二郎著 早稲田経営出版 1992), ISBN 4-89823-911-0
キーワード
(Keywords)
最高裁判所
最高裁判所長官
三淵 忠彦(ミブチ タダヒコ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000168278解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!