このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000168090
提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
広瀬2014‐18
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2015年02月20日 16時52分更新日時
(Last update)
2016年11月11日 19時43分
質問
(Question)
門松にクロマツを使う理由が載っている本はないか。門松自体の由来に加え、特にクロマツを使う理由が知りたい。
回答
(Answer)
比較的広範な内容の記載があった『歳時の文化事典』には「歳神の依代」という意味の記述に加え、松が貴いものとされてたことの理由として「常緑」であることがあげられ、また『三越伊勢丹日本の年中行事暮らしアルバム』にも同様の記述があったため、資料提供を行った。
また、調査終了後インターネットでも質問の内容について調べたところ門松飾りにおいて「黒松(雄松)」と「赤松(雌松)」を一対にして飾ることの由来を、山に自生する「アカマツ」と海岸に自生する「クロマツ」を対にして「山からも海からも恵があるように」との願いを込めて始まったとするページ( http://acestrategy.jp/kurasi/223.html) を確認した。
回答プロセス
(Answering process)
『日本百科全書(ニッポニカ)5』の「門松」の項目を調べたが、松(特に「クロマツ」)を使用する理由について言及がなかったため、『日本の祝祭日』や『年中行事大辞典』も確認したが詳しい内容の記載が見つからなかった。
『歳時の文化事典』には門松を飾る前の神事として「松迎え」についての記述もあり、正月や松に関する一連の神事としてお伝えした。
当館の資料ではクロマツ(黒松)を門松に用いる理由が記載されている資料が無かったため、レファレンス共同データベースで同様の事例を確認すると、『三越伊勢丹日本の年中行事暮らしのアルバム』があり、追加資料として照会した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗史.民俗誌.民族誌  (382)
年中行事.祭礼  (386)
参考資料
(Reference materials)
歳時の文化事典. 八坂書房 八坂書房五十嵐謙吉 著 , 2006.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008420036-00 , ISBN 489694884X
日本の祝祭日 : 日の丸・門松・鯉のぼり…そのルーツと歴史を探る. PHP研究所,所功 著 1986
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001790873-00 , ISBN 4569217249
三越伊勢丹日本の年中行事暮らしアルバム 三越伊勢丹 著 , マガジンハウス, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024998661-00 , ISBN 9784838726257
日本大百科全書 5 かく−かる 2版. 小学館, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I055885682-00 , ISBN 4095261056
年中行事大辞典. 吉川弘文館, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010045541-00 , ISBN 9784642014434
キーワード
(Keywords)
門松
しきたり
年中行事
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000168090解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決