このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000167707
提供館
(Library)
神奈川県立図書館 (2110018)管理番号
(Control number)
相-140017
事例作成日
(Creation date)
2014年12月09日登録日時
(Registration date)
2015年02月14日 15時46分更新日時
(Last update)
2015年02月14日 15時46分
質問
(Question)
「ゴンドラの唄」はアンデルセンの「ベネチアのゴンドラ」という作品をもとにしているときいたが本当か
回答
(Answer)
「ゴンドラの唄」は森鴎外が翻訳した『即興詩人』(アンデルセン著)の一節を基にして吉井勇が作詞したようです。
吉井勇が松井須磨子にあてた公開書簡(「松井須磨子に送る手紙」1916.5『新演芸』誌上)及び吉井勇の「いのち短し」というエッセイ(『吉井勇全集第8巻 』番町書房 1964 <918.6/153/8>(12063459) p247-248所収)にゴンドラの唄の作詞の経緯が記されています。
回答プロセス
(Answering process)
①『歌おう大正時代』高橋整二編・刊 2002 <767.8/312B 常置>(22311120) 
「ゴンドラの唄」解説に、「森鴎外の「即興詩人」に出てくるベネチアの民謡の一節に、「朱の唇に触れよ、誰れが汝の明日猶在るを知らん。恋せよ汝の猶少く(わかく)、汝の血猶熱き間に云々」を基にして吉井勇が作詞したと伝えられており」(p57)と記載あり。

②当館所蔵資料を確認すると『即興詩人 下巻』アンデルセン著 森鴎外訳 岩波書店 1969 <イ949/ア/2A>(12274288) p168に該当部分の掲載あり。

③『甦る『ゴンドラの唄』』相沢直樹著 新曜社 2012 <767.8/507> ( 22654586 )  によると吉井勇は松井須磨子にあてた公開書簡(「松井須磨子に送る手紙」1916.5『新演芸』誌上)の中で、ゴンドラの唄の作詞の経緯について述べている。
「この時作った「ゴンドラの唄」は、実を云ふと鷗外先生の「即興詩人」の中の
「妄想」と云ふ章に、「其辞にいはく、朱の唇に触れよ、誰れか汝の明日あるを知らん。(略)」とあるのから取ったものですが(略)」(p68)

また「いのち短し」というエッセイにもやはり、森鷗外の「即興詩人」からとった旨を吉井が書いていると記載があり、該当部分を引用している(p256)
このエッセイは『吉井勇全集第8巻 』番町書房 1964 <918.6/153/8>(12063459) p247-248に所収されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767 9版)
その他のゲルマン文学  (949 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
歌詞
歌謡曲
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000167707解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!