このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000167223
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000020081
事例作成日
(Creation date)
2015/01/12登録日時
(Registration date)
2015年02月04日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年02月13日 11時15分
質問
(Question)
「おとんぼ」という方言について、自分は「きょうだいの中で一番下の男の子」を指す言葉だと思っていたが、友人は「きょうだいの中で一番下の子」を指す言葉で、男女は関係なく使っているようだ。
自分は神戸の出身、友人は大阪の出身なのだが、地域によってこの言葉の意味が違うのかどうかわかる本はあるか。
回答
(Answer)
『現代日本語方言大辞典』などによると、「おとんぼ」という言葉は男女に関係なく末っ子を指して用いる地域と、末の男の子(末弟)を指して用いる地域、「鈍な子」や「尾」の意味で用いる地域があるとのこと。
回答プロセス
(Answering process)
日本語方言(818)の書架を探す。

『ごめんやす「おおさか弁」』(リバティ書房)p105-107「こいさん」p107-109「ぼん」には、末の女の子を「こいとさん」「こいさん」、末の男の子を「こぼんちゃん」「小ぼん」と呼ぶ方言について記載があるが、「おとんぼ」には言及なし。
『日本のことばシリーズ27 大阪府のことば』(明治書院)p132「すえっこ(末っ子)」には、「オボンボ」「バッシ」「ツルタクリ(すぐ上の子と年齢の離れた女の末子)」「スソノトーチャン・スソノジョーチャン(末のお嬢さん)」「コボンチャン(末のお坊ちゃん)」があり。「オトンボ」はなし。

『都道府県別 全国方言小辞典』(三省堂)p119「兵庫県」には、「おとんぼ」について、末っ子とのみあり。男女の区別には言及なし。
『ひと目でわかる 全国方言一覧辞典』(学研)p117「すえっこ(末っ子)」には、大阪・奈良・広島・山口・徳島・香川・大分が「オトンボ」(注:アクセントに差異あり)、兵庫・和歌山・岡山が「オトンボー」(同じくアクセントに差異あり)となっている。また愛媛では「オトゴ」が収録されているが、「オトンボ」という場合もあるとのこと。オトンボは「弟坊」と解説にあるが、男女の別については書かれていない。
『大阪ことば事典』(講談社)p134「オトンボ」には、「末っ子。おとご」とあり。p131「オトゴ(乙子)」にも末っ子とのみあり、男女の別は言及なし。
『日本方言辞典 標準語引き』(小学館)p1187-1188「まっし 末子」には、おとんぼ・おとんぼー・おとんぼし等の方言が中部・近畿・中国・四国・九州の一部に見られるが、男女の別についてはふれていない。

『日本国語大辞典 第二版』2巻(小学館)p1289「おとん-ぼ(乙坊)」には、方言・「おと(弟)」を見よとあり。p1241「おと(弟・乙)」には、方言の意味の5番目「末子」に「おとぼう」「おとんぼう」「おとんぼ」「おとんぼし」が記載されており、また他の項目を見ると「鈍な子」や「尾」の意で「おとんぼ」という言葉を使う地域もあり。

『現代日本方言大辞典』第3巻(明治書院)p2565-2567「すえっこ」には、各地域での末っ子を指す言葉の使い分けについて詳しい。「オトンボ」については男女ともに言うとされている地域が多いが、岡山県では、比較的男児に多く用いるとあり(女の子の末子を特に指すときは「オトゴ」というとのこと)第2巻p878-880「おとうと」には、広島県では「オトンボー」を末弟の意味で用いるとあり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
方言.訛語  (818 9版)
参考資料
(Reference materials)
『最新ひと目でわかる全国方言一覧辞典』江端 義夫/[ほか]編(学研)
『都道府県別 全国方言小辞典』佐藤 亮一/編(三省堂)
『大阪ことば事典』牧村 史陽/編(講談社)
『日本方言辞典』佐藤 亮一/監修(小学館)
『日本国語大辞典 第2巻』小学館国語辞典編集部/編集(小学館)
『現代日本方言大辞典3』平山 輝男/[ほか]編集(明治書院)
『現代日本方言大辞典2』平山 輝男/[ほか]編集(明治書院)
キーワード
(Keywords)
方言(ホウゲン)
日本語(ニホンゴ)
末子(マッシ)
親族名称(シンゾクメイショウ)
大阪(オオサカ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土,言葉
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000167223解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!