このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000167050
提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻261
事例作成日
(Creation date)
2014.8.23登録日時
(Registration date)
2015年02月01日 14時10分更新日時
(Last update)
2015年07月04日 09時48分
質問
(Question)
大豆の販売価格と輸入価格を知りたい。
回答
(Answer)
①販売価格について

【資料1】
  『日本統計年鑑 第64回(平成27年)』(総務省統計局/編 毎日新聞社, 2014.)
   p.252. 表7-21「農産物の生産者販売価格(平成22~24年)」に大豆60kgあたりの生産者販売価格あり。
   (資料源、表の出典は農林水産省「農業物価統計調査」)

   ※生産者販売価格とは、“農家が販売する農産物の価格で、出荷・販売に要した経費を除く。”と書かれている。

●「農業物価統計」は農林水産省のホームページからも閲覧できる。
  ※最終確認日2015.2.1

-------------------------------------
②輸入価格について

【資料1】
  『日本統計年鑑 第64回(平成27年)』(総務省統計局/編 毎日新聞社, 2014.)
   p.466. 表15-6「品別輸入数量及び金額(平成7~25年)」に、大豆の輸入金額が掲載されている。
   (資料源は、日本関税協会「外国貿易概況」、表の出典は財務省「貿易統計」より)

 【資料2】
  『日本国勢図会』 (矢野恒太記念会. 日本評論社, 1927.)
   p.310. 表24-10「主要輸入品の輸入額の推移」に大豆の輸入額の4年分のデータあり。
   (表の出典は財務省「貿易統計」)

●「貿易統計」は財務省のホームページからも閲覧できる。
  ※最終確認日2015.2.1
回答プロセス
(Answering process)
はじめに『日本統計年鑑』の索引から大豆を探したところ上記の統計が見つかった。『日本国勢図会』も同様に調べた。掲載されていた表の出典となっている統計について、冊子体のものは当館未所蔵のため各省のホームページで確認した。

農水省のホームページをみると「大豆のホームページ」というコーナーがあり、「大豆関連データ集」に大豆に関する統計が集められていたが、該当するデータはなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (351 9版)
農業経済・行政・経営  (611 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 総務省統計局/編 , 総務省統計局. 日本統計年鑑 第64回(平成27年). 毎日新聞社, 2014.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I061207471-00 , ISBN 4620850241
【資料2】 矢野恒太記念会 , 矢野恒太記念会. 日本国勢図会 2014/15年版. 日本評論社, 1927.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I054725692-00 , ISBN 9784875491453
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
農林水産省「大豆のホームページ」 ※最終確認日2015.2.1
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000167050解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!