このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000167034
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
北方 14-0140
事例作成日
(Creation date)
2014/12/17登録日時
(Registration date)
2015年02月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年02月01日 00時30分
質問
(Question)
馬橇で丸太を運ぶ時に使う「バチ」について
 ・語源
 ・どのようなものか
回答
(Answer)
事典を引く
 ・一般的な百科事典、国語辞典では確認できず(確認資料『世界大百科事典』『日本大百科全書』『広辞苑』『日本国語大辞典』)
 ・『北海道大百科事典 下 た-わ』(回答資料1)
  →p404「バチ橇」説明と写真1点
    「左右の台木(ずり木)にヤマ(チチ)を1個ずつ削り出し、その上に横木(ユウ木)を1本わたした橇。北海道一円で使われ、木材の先端に横木を乗せ、傾斜地を滑り降りる。(以下略)」。「バチ」の意味については記されていない。
 ・『日本民具辞典』(回答資料5)
  →p448「ばちぞり 撥橇」説明のみ
    「雪の急斜面で木材を引き下ろすのに用いる橇。略してバチとも言う。二本形式の橇で、左右の台にひとつづつの枕(一つ枕)を置き、これにヨギ(横木)を渡し、材木3~4本(5~6石)の頭をかけ、後部は雪面を擦らせたままでブレーキとして下る。(中略)下北・津軽方面に特有のものであったが、昭和初年以来、東北地帯や北海道にまで広がった。」とある。「バチ」の意味については記されていない。

「北海道」「橇」等で蔵書検索した中で、以下の資料にバチ橇についての記述あり。
 ・『北海道の馬橇』(回答資料2)
  →p28「バチ橇」:説明とバチ橇の写真2点、実際に馬に橇を引かせている写真1点。「バチ」の語源についての記述はなし。
 ・『開拓豆本 2 北の橇』(回答資料3)
  →p14~15「バチ橇」:簡単な説明とバチ橇の図あり。

その他、民具に関する資料に当たり、以下の資料を確認。
 ・『北海道の民具』(回答資料4)
  →p41「バチ橇」に説明と図があり、バチ橇を2台組み合わせた「バチバチ橇」(p43)、橇の先に角がついた「ツノバチ」(p44)についても記述があるが、このうち「ツノバチ」の説明文の中で、「バチ」の語源について記述があり、それによれば次の2つの説があるとしている。
    ①「半乳」「端乳」で、橇の基本形である「ヨチ(四乳)に対し、この橇のチ(乳=ヤマ)が半分の二個しかないことによる、とする説
    ②東北方言で「短い」「小さい」を意味する「バチ」によるとする説
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
運輸工学.車両.運搬機械  (536 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 北海道大百科事典 下 た-わ 北海道新聞社∥編集 北海道新聞社 1981 031/HO/2

2 北海道の馬橇 北海道開拓記念館∥編集 北海道開拓記念館 1984 069/HO/7

3 開拓豆本 2 北の橇 北海道開拓記念館∥編 北海道開拓記念館 1994 081/KA/2-イ

4 北海道の民具 大久保一良∥画 北海道新聞社 1993.2 383.9/HO

5 日本民具辞典 日本民具学会?編集 ぎょうせい 1997.5 383.9/NI
キーワード
(Keywords)
馬橇
バチ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000167034解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決