このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000166902
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2014-159
事例作成日
(Creation date)
2014年06月08日登録日時
(Registration date)
2015年01月29日 15時03分更新日時
(Last update)
2015年03月17日 15時56分
質問
(Question)
女子ソフトボールの発展と女性の生き方やあり方の変化の関わりが分かる資料を見たい。
回答
(Answer)
下記資料を紹介した。
『現代アメリカスポーツ史』(J.A.ルーカス著 不昧堂出版 1980)
『女たちのプレーボール 幻の女子プロ野球青春物語』(桑原稲敏著 風人社 1993)
『近代スポーツの超克』(松本芳明編 叢文社 2001)
『スポーツ・ジェンダー学への招待』(飯田貴子、井谷惠子編著 明石書店 2004)
 ソフトボールについての記述はないが、巻末に詳細な参考文献が掲載されている。
『目でみる女性スポーツ白書』(井谷惠子、田原淳子編著 大修館書店 2001)
『学校をジェンダー・フリーに』(亀田温子、舘かおる編著 明石書店 2000)
 p99-125 熊安貴美江「体育・スポーツと性役割の再生産」所収あり。
「Change!みんなのスポーツ」(全国研究会編 不昧堂出版 2003 県内公共図蔵)
 Q&Aにスポーツとジェンダーに関する記述あり。
「ジェンダーで学ぶ教育」(天野正子、木村涼子編 世界思想社 2003 県内公共図蔵)
 熊安貴美江著「男女いっしょの体育は無理? : スポーツ・身体とジェンダー」所収あり。
早川辨著「ソフトボール競技に於ける家庭婦人の活動実態」(「日本女子体育連盟紀要 89」p62 日本女子体育連盟 1989)
 《J-STAGE》( https://www.jstage.jst.go.jp/article/japew1969/1989/89/1989_89_62/_article  科学技術振興機構 2014/06/08最終確認)で閲覧できる。
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を〈スポーツ & 女性〉で検索する。
『スポーツ心理学事典』(日本スポーツ心理学会編 大修館書店 2008)
 p343-345 「女性とスポーツ」の項あり。全般的な女性のスポーツ参加に関する歴史の短い記述あり。参考文献に『スポーツ・ジェンダー学への招待』が紹介されている。
『スポーツ・ジェンダー学への招待』(飯田貴子編著 明石書店 2004)
 索引なし。詳細な参考文献が掲載されているので参考になりそう。
『現代アメリカスポーツ史』(J.A.ルーカス著 不昧堂出版 1980)
 p77-132〈Ⅲ 女性のスポーツ:平等への努力〉ソフトボールについては、アメリカのガールズベースボールリーグチームの女性選手の大部分は以前リーグ化されたソフトボールをしていた、との記載のみあり。
『女たちのプレーボール 幻の女子プロ野球青春物語』(桑原稲敏著 風人社 1993)
 日本の女子野球史についての資料である。大正8、9年ごろから女学生の間に野球ブームが巻き起こるとあり。
 p24 大正11年10月名古屋市の第1回キッツンボール大会のキッツンボールとは現在のソフトボール、
 p28 昭和13年10月カリフォルニア州女子軟式野球チーム来日(軟式野球とは原語で現在のソフト・ボールとあり)とのこと。ほとんどの内容はソフトボールではないが、第二次大戦後、女性が参政権を得、女性の社会的地位や意識が変わり、スポーツは女性解放の象徴として活躍の場を与えられたなど、女性のあり方とスポーツという点で参考になる記述あり。巻末に年表、人名索引あり。
『目でみる女性スポーツ白書』(井谷惠子編著 大修館書店 2001)
 女性スポーツをめぐる世界の動向、競技スポーツと女性など多岐にわたる内容であるが、ソフトボールに関する記述があるかは不明である。
『近代スポーツの超克』(松本芳明編 叢文社 2001)
 p139-161「大和撫子のスポーツ参加」掛水通子著 のうち、p152「女性にふさわしくないスポーツ」で戦前の野球の事例あり。

《女性情報レファレンス事例集》( http://winet.nwec.jp/tictconsult/  国立女性教育会館 2014/06/08最終確認)でQ&A「体育とジェンダーに関する資料はありますか。関係団体があればそれも知りたいのですが。」で紹介されている文献を確認する。
『フェミニズム・スポーツ・身体』(アン・ホール著 世界思想社 2001)
 索引なし。目次を見る限り、具体的な競技についての記述はなさそう。
『学校をジェンダー・フリーに』(亀田温子、舘かおる編著 明石書店 2000)
 p99-125 熊安貴美江「体育・スポーツと性役割の再生産」所収。
「Change!みんなのスポーツ」(全国研究会編 不昧堂出版 2003 県内公共図蔵)
 Q&Aにスポーツとジェンダーに関する記述ありとのこと。
「ジェンダーで学ぶ教育」(天野正子、木村涼子編 世界思想社 2003 県内公共図蔵)
 熊安貴美江著「男女いっしょの体育は無理? : スポーツ・身体とジェンダー」所収。

《国会図サーチ》( http://iss.ndl.go.jp/  国会図 2014/06/08最終確認)を〈ソフトボール〉で検索する。
早川辨著「ソフトボール競技に於ける家庭婦人の活動実態」(「日本女子体育連盟紀要 89」p62 日本女子体育連盟 1989)
《J-Stage》( https://www.jstage.jst.go.jp/article/japew1969/1989/89/1989_89_62/_article/-char/ja/  科学技術振興機構 2015/03/17最終確認) 
 財団法人日本ソフトボール協会に登録しているチームの表あり。家庭婦人の大会人口が激増。活動には職場と家庭の理解が必要とあり。抄録か。
「ソフトボールの今昔(水青)」(「新体育 21巻11号」p50-52 新体育社 1951)(国会図蔵)
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済事項 《CiNii Articles》に「戦後復興期における女子ソフトボールの受容と国民体育大会」という論文名あり。
NDC
球技  (783 9版)
家族問題.男性.女性問題.老人問題  (367)
参考資料
(Reference materials)
『現代アメリカスポーツ史』(J.A.ルーカス著 不昧堂出版 1980)
『女たちのプレーボール 幻の女子プロ野球青春物語』(桑原稲敏著 風人社 1993), ISBN 4-938596-05-9
『近代スポーツの超克』(松本芳明編 叢文社 2001), ISBN 4-7947-0388-0
『スポーツ・ジェンダー学への招待』(飯田貴子、井谷惠子編著 明石書店 2004), ISBN 4-7503-1944-9
『目でみる女性スポーツ白書』(井谷惠子、田原淳子編著 大修館書店 2001), ISBN 4-469-26459-8
『学校をジェンダー・フリーに』(亀田温子、舘かおる編著 明石書店 2000), ISBN 4-7503-1287-8
「Change!みんなのスポーツ」(全国研究会編 不昧堂出版 2003), ISBN 4-8293-0416-2
「ジェンダーで学ぶ教育」(天野正子、木村涼子編 世界思想社 2003), ISBN 4-7907-0992-2
「日本女子体育連盟紀要 89」(p62 日本女子体育連盟 1989)
キーワード
(Keywords)
ソフトボール
女性スポーツ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000166902解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!