このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000166217
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2014-0082
事例作成日
(Creation date)
2014/12/01登録日時
(Registration date)
2015年01月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年01月16日 00時30分
質問
(Question)
彦根藩は甲冑・旗幟など軍器がすべて赤(朱)色に統一された「赤備え」であるが、その由来を知りたい。
回答
(Answer)
『彦根藩士の甲冑』によりますと、「「赤備え」の由来については『甲陽軍艦』(こうようぐんかん)『井伊年譜』『井家軍記』(1・2・3)に詳しい。その内容は大略同じで、およそ以下のようなものである。天正十年(一五八二)、徳川家康は、家康近侍の士である木俣守勝(きまたもりかつ)、西郷正友(さいごうまさとも)、椋原政直(むくはらまさなお)の三人と、甲斐武田信玄の遺臣の一条信龍(いちじょうのぶたつ)、山県昌景(やまがたまさかげ)、土屋昌恒(つちやまさつね)、原昌勝(はらまさかつ)の四隊の士七十四名、関東の浪人四十三名、都合百十七名を井伊直政(いいなおまさ)に与えた。この時に家康は、武田家一の家老で武勇に秀でた山県昌景の兄飯富虎昌(おぶとらまさ)が用いていた「赤備え」をならうように直政に命じたという。」とあります。
なお、上記の家康近侍の士のうち西郷正友は、『井伊軍志』では「西郷藤左衛門正員(正友)」、『井伊の赤備え』では「西郷正員(さいごうまさかず)」と記載されています。また、椋原政直も、『井伊軍志』では「椋原次右衛門正直」、『井伊の赤備え』と『新修彦根市史 第2巻 』では「椋原正直(むくはらまさなお)」と記載されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 彦根藩士の甲冑 彦根城博物館∥編集 彦根市教育委員会 1996年 SB-7551- 96 p.17

2 井伊年譜 2 功力 君章∥著 滋賀県立図書館(制作) 1987年 5-2851-2

3 甲陽軍艦 下 磯貝正義∥校注 服部治則∥校注 新人物往来社 1987年 2-3991-イ p.462

4 井伊軍志 中村達夫∥著 彦根藩甲胄史料研究所 1989年 S-3951- 89 p.19

5 新修彦根市史 第2巻 通史編 近世 彦根市史編集委員会∥編集 彦根市 2008年 S-2151-2 p.9

6 赤備え 井伊達夫∥著 宮帯出版社 2007年 S-7551- 07 p.77-79

7 井伊の赤備え 彦根城博物館∥編集 彦根城博物館 2003年 S-7551- 03 p.30

8 彦根藩朱具足と井伊家の軍制 中村達夫∥著 豊会館 1970年 S-3951- 70 p.61-62
キーワード
(Keywords)
赤備え
軍器
彦根藩
井伊直政
山県昌景
飯富虎昌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000166217解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!