このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000166215
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2014-0096
事例作成日
(Creation date)
2014/12/01登録日時
(Registration date)
2015年01月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年01月16日 00時30分
質問
(Question)
江戸時代近江にあった堅田藩について知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科事典』によりますと。「滋賀・高島2郡内で1万石を領知した、譜代の極小藩。藩主堀田氏。1698年(元禄11)堀田正高が下野(しもつけ)国佐野から入封して立藩。滋賀郡本堅田(ほんかたた)村(現、大津市本堅田1~6丁目付近)に陣屋をおいて在国した。藩主の歴代は、正高・正峯・正永・正実・正富・正敦(まさあつ)。正敦は1790年(寛政2)若年寄に昇進、1806年(文化3)上野(こうずけ)国で3000石を加増されて1万3000石を領知、1825年(文政8)には城主格に列せられた。1826年(文政9)、高島郡内4000石余を下野国安蘇(あそ)郡内にうつされたとき、正敦は居所を同郡佐野(現、栃木県佐野市)にうつしたので、以後は佐野藩と称した。なお佐野藩はその後1万6000石に加増、藩主は正衡(まさひら)・正頌(まさつぐ)とつづき、1871年(明治4)の廃藩置県にいたる。(立川 洋)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.154

2 藩史大事典 第5巻 近畿編 木村礎∥編 藤野保∥編 雄山閣出版 1989年 S-2500- 89 p.83-88

3 新修大津市史 第3巻 近世前期 林屋辰三郎∥[ほか]編 大津市役所 1980年 S-2111-3 p.355-370

4 新修大津市史 第4巻 近世後期 林屋辰三郎∥[ほか]編 大津市役所 1981年 S-2111-4 p.68-74
キーワード
(Keywords)
堅田藩
堀田氏
佐野藩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000166215解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!