このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000166205
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2014-133
事例作成日
(Creation date)
2014年02月19日登録日時
(Registration date)
2015年01月15日 16時42分更新日時
(Last update)
2015年03月12日 11時34分
質問
(Question)
堀口大学訳詩の下記作品について、解説・鑑賞・背景などを知りたい。『月下の一群』に収録されている。
1「輪踊り」ポール・フォール
2「秋の歌」ポール・ヴェルレーヌ
回答
(Answer)
下記資料を紹介した。
1「輪踊り」ポール・フォール
『日本近代文学大系 52 明治大正訳詩集』(角川書店 1986)
 p329-412 「堀口大学「月下の一群(抄)」(注釈 小海永二)
 p381 「輪踊り」訳詞とその一行ごとの注釈あり。
 p487-488 原詩はつぎのとおり。として「LA RONDE」のフランス語の詩が全文掲載されている。用後に「原詩は右のように散文体をとっているが、訳詞ではこれを行分け体に訳出している。」とあり。
『ジュニア版世界の名詩』(村野四郎、山本和夫編 岩崎書店 1967)
 堀口大学ではなく他の訳詩者で掲載されており、p80に詩の解説あり。

2「秋の歌」ポール・ヴェルレーヌ
『ヴェルレーヌ詩集』(ポール・ヴェルレーヌ著 堀口大学訳 白鳳社 1975)
 p19-20「秋の歌」の訳詩あり。
 p171 堀口大学による「鑑賞ノート」が掲載されており、p172-173に「秋の歌」の解説が掲載されている。主に訳に関する解説である。
『ヴェルレーヌ自己表現の変遷』(大熊薫著 早美出版社 2001)
 p31-40「第二節 詩法の考察4)ヴェルレーヌの音楽」「秋の歌」を中心に、詩法が解説されている。
『現代詩鑑賞講座5 近代詩篇』(角川書店 1968)
 p183-204まで「月下の一群」の解説あり。p199-200に「秋の歌」ポール・ヴェルレーヌの解説あり。
『ヴェルレーヌ伝』(アンリ・トロワイヤ著 沓掛良彦訳 水声社 2006)
 p426「秋の歌」について簡単な解説あり。
回答プロセス
(Answering process)
《国会図サーチ》( http://iss.ndl.go.jp/  国会図 2014/02/14最終確認)を〈堀口大学 & 月下の一群〉で検索する。
自館目録を各著者名及び作品名で検索する。

1「輪踊り」ポール・フォール
『日本近代文学大系 52 明治大正訳詩集』(角川書店 1986)
 「輪踊り」訳詞とその一行ごとの注釈あり。
『ルネサンス』(ポール・フォール著 赤井彰訳 白水社 1979)
 ルネサンス史に関する資料。該当する記述なし。
《国会図サーチ》( http://iss.ndl.go.jp/  国会図 2014/02/14最終確認)を〈ポール・フォール〉で検索する。
『ジュニア版世界の名詩』(村野四郎、山本和夫編 岩崎書店 1967)
 堀口大学ではなく他の訳詩者で掲載されており、p80に詩の解説あり。
『フランス詩大系』(青土社 1989)
 p479-481にポール・フォールあり。綴りは「Paul Fort」。「輪踊り」も「世界を取りまく輪舞」で掲載されている。

2「秋の歌」ポール・ヴェルレーヌ
『ヴェルレーヌ詩集』(ポール・ヴェルレーヌ著 堀口大学訳 白鳳社 1975)
 p19-20「秋の歌」の訳詩。
 p171-堀口大学による「鑑賞ノート」あり。
『ヴェルレーヌ自己表現の変遷』(大熊薫著 早美出版社 2001)
 p31-40「4)ヴェルレーヌの音楽」は、「秋の歌」の解説。詩法が中心である。
『ヴェルレーヌ詩集』(ヴェルレーヌ著 黒崎鉄夫訳 金園社 1975)
 p12「秋の歌」の訳詩あり。
 p153に上田敏の「海潮音」についての解説で、「「落葉」(秋の歌)の一篇は、名訳のほまれ高く」との記述あり。
『世界の名詩 第17 ヴェルレーヌ詩集』(講談社 1969)
 p32-33「秋の歌」の訳詩(橋本一明訳)あり。
『ヴェルレーヌ詩集』(ヴェルレーヌ著 堀口大学訳 弥生書房 1963)

《リサーチ・ナビ》( http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/  国会図 2014/02/14最終確認)を〈月下の一群〉であたる。
『現代詩鑑賞講座』(角川書店 1968)
 p183-204まで「月下の一群」の解説あり。p199-200に「秋の歌」ポール・ヴェルレーヌの解説あり。
阪本越郎著「西洋詩の受容とその展開」(『国文学 解釈と鑑賞 34巻9号』p16-22 至文堂 1969)
 質問の詩に関する解説はなし。ただし、「秋の歌」ポール・ヴェルレーヌの解説が『学燈』65巻にありの記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料「日本近代文学大事典 3」(講談社 1977)、「日本の詩歌 28」(中央公論社 1979)、「フランス名詩選」(岩波書店 2001)
NDC
詩  (951 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本近代文学大系 52 明治大正訳詩集』(角川書店 1986), ISBN 4-04-572052-9
『ジュニア版世界の名詩』(村野四郎、山本和夫編 岩崎書店 1967)
『ヴェルレーヌ詩集』(ポール・ヴェルレーヌ著 堀口大学訳 白鳳社 1975)
『ヴェルレーヌ自己表現の変遷』(大熊薫著 早美出版社 2001), ISBN 4-915471-97-7
『現代詩鑑賞講座 5 近代詩篇』(角川書店 1968)
『ヴェルレーヌ伝』(アンリ・トロワイヤ著 沓掛良彦訳 水声社 2006), ISBN 4-89176-575-5
キーワード
(Keywords)
フランス詩
堀口 大学(ホリグチ ダイガク)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000166205解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!