このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000166033
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000018501
事例作成日
(Creation date)
2014/09/13登録日時
(Registration date)
2015年01月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年01月29日 09時13分
質問
(Question)
「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」の意味を知りたい。またこれは誰が言った言葉なのかもわかるとなおよい。
回答
(Answer)
「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」は、『三省堂故事ことわざ慣用句辞典』p774(三省堂)によれば、「命を捨ててもいいという強い覚悟で立ち向かえば、必ず活路を見出せる」という意味。また『故事ことわざの辞典』p1128(小学館)によれば、「一身を犠牲にするだけの覚悟があって、はじめて活路も見出し物事に成功することができる」との意味。歌舞伎「敵討噂古市」三幕の台詞が引用されている。

さらに『故事ことわざ知識辞典 日本編』(主婦と生活社)を調べると、p413に、空也上人の作と伝える和歌「山川の末に流るる橡穀(とちがら)も身を捨ててこそ浮かむ瀬もあれ」(空也上人絵詞伝より)が出典とあり。
回答プロセス
(Answering process)
ことわざ・慣用句(813)の書架を探し、資料の内容を確認して提供した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『三省堂故事ことわざ・慣用句辞典』三省堂編修所/編(三省堂)
『故事ことわざの辞典』尚学図書/編集(小学館)
『故事ことわざ知識辞典』主婦と生活社/編(主婦と生活社)
キーワード
(Keywords)
故事
慣用句
歌舞伎
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000166033解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!