このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000165127
提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
折尾分館9
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年12月20日 11時25分更新日時
(Last update)
2015年11月05日 14時13分
質問
(Question)
セラピー犬になるためには、どんな訓練があるのですか。
回答
(Answer)
セラピードックとして活躍できるようになるためには、認定試験に合格できるように登録する団体などで訓練をおこなっているようです。団体によって訓練内容は様々ですが、他の動物や声、物音、食べ物に動じないなど環境に適応する事、号令をしっかり理解でき従うことができて、服従がしっかりできる事、そして、持来(「持って来い」の号令のこと)、遠隔操作、その他プログラムに必要な特殊な号令を理解できる様になることです。
回答プロセス
(Answering process)
「セラピー犬」でインターネットのグーグルで検索。セラピードッグの普及のために、セラピードッグになるための訓練育成を手がける団体が多数あり、日本各地で様々な団体がひろく参加者を受け入れていることがわかりました。
自館では一般書にはセラピー犬や介護犬についての本がなく、児童書の『はたらく犬』や『名犬チロリ』に載っているいるもので調べました。
以上の資料を参考にして、各団体のセラピードッグの訓練や活動の情報を収集しお答えしました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『はたらく犬』 第2巻 日本補助犬協会/監修 介助犬・セラピー犬 学研 2004年〈645.6/ハ/2〉, ISBN 4-05-201883-4
『名犬チロリ』 大木 トオル/著 日本初のセラピードッグになった捨て犬の物語 (ノンフィクション・生きるチカラ) 岩崎書店2012年〈645.6/オ〉, ISBN 978-4-265-04295-1
『動物との絆をめぐる実践教育』 (岩波ブックレット)  岩波書店 2010年〈370.4/シ〉, ISBN 978-4-00-0094771
NPO法人日本アニマルセラピー協会.  http://animal-t.or.jp/?page_id=8494
国際セラピードッグ協会  http://www.therapydog-a.org/event/curriculum.html
キーワード
(Keywords)
セラピー犬
はたらく犬
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
動物介在活動(AAA)・介在療法(AAT)・介在教育(AAE)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000165127解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!