このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000164776
提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
八幡児童201404
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年12月17日 17時49分更新日時
(Last update)
2015年11月05日 13時34分
質問
(Question)
日本で天気予報が開始されたのがいつか知りたい。
回答
(Answer)
1884年6月1日に東京気象台(現在の気象庁)で天気予報を発表したのがはじまりです。
回答プロセス
(Answering process)
まず、自館所蔵の天気に関する本を確認したところ『調べ学習・自由研究に役立つお天気まるわかりBOOK』に「1884年の6月に天気予報がはじまる」と、開始月までの記述が見つかりました。次に『天気の大常識』と『天気と気象』には、「1884年6月1日」と開始日までの記述がありました。また、念のため気象庁のホームページを閲覧すると「気象庁の歴史」というページがあり「1884年6月1日に東京気象台で毎日3回の全国の天気予報を発表(天気予報の開始)」という記述が確認できたため、貸出可能な本の提供とホームページのご紹介をしました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『調べ学習・自由研究に役立つお天気まるわかりBOOK』. 成美堂出版, 2004年. p. 115, ISBN 4-415-02631-1 (当館請求記号 451/シ)
『天気の大常識』. ポプラ社, 2004年. p. 104, ISBN 978-4-591-08197-6 (当館請求記号 451/ヨ)
『天気と気象』. ポプラ社, 2006年. (ポプラディア情報館) p. 89, ISBN 978-4-591-09049-7 (当館請求記号 451/テ)
国土交通省 気象庁 気象庁の歴史.
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/intro/gyomu/index2.html
キーワード
(Keywords)
天気予報
気象庁
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000164776解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!