このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000164715
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M14110817269236
事例作成日
(Creation date)
2014/10/22登録日時
(Registration date)
2014年12月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
どんぐりを長期間置いておくと虫が湧くが、なにかよい保存方法はないか。
回答
(Answer)
①『どんぐり・木の実・おち葉 秋のほっこり工作 ぷち工作クラブ』には、工作をする前のどんぐりの処理方法が書かれている。どんぐりはきれいに洗い、むし器で蒸し、干して乾かすと来年も使えると紹介されている。

②『どんぐりの図鑑』には、水に浮かべたり、穴を確認したりすることで、虫食いどんぐりを見分ける方法が記載されている。

③『どんぐりの呼び名事典』には、どんぐりを標本として保存する方法について書かれている。どんぐりは、軽く煮沸してから陰干しし、小さいものは風通しのいい日陰でそのまま自然乾燥させるとよいと紹介されている。

④『楽しい!どんぐりまつぼっくり落ち葉の工作BOOK』には、工作を始める前の下処理について書かれている。「どんぐりを熱湯で5分ほどゆでると、やわらかくなり、穴をあける作業などがやりやすくなります。また、これをしておくと、中から虫が出てこなくなります。」と記載されている。

⑤『森の妖精たち 木の実のクラフト』によると、採取したどんぐりは、まず水につけて浮いたものは除き、熱処理してから乾燥して、冷蔵庫または常温で保存するとよいと紹介されている。また、カビが生えるので、「決してビニール袋に入れて密封しない」と記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
森林利用.林産物.木材学  (657 9版)
参考資料
(Reference materials)
岩藤しおい『どんぐり・木の実・おち葉 秋のほっこり工作 ぷち工作クラブ』 いかだ社,2011,95p. 参照はp.14.
伊藤ふくお『どんぐりの図鑑』大阪 トンボ出版,2007,79p. 参照はp.78.
宮國晋一『どんぐりの呼び名事典』 世界文化社,2014,111p. 参照はp.54.
おさだのび子『楽しい!どんぐりまつぼっくり落ち葉の工作BOOK』 ナツメ社,2011,95p. 参照はp.8.
薬師神宏史『森の妖精たち 木の実のクラフト』 東京図書出版会,2007,71p. 参照はp.6-7.
キーワード
(Keywords)
どんぐり
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2014110817213269236
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000164715解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!