このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000164712
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M14110716169232
事例作成日
(Creation date)
2014/11/07登録日時
(Registration date)
2014年12月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
現在でも使われている象形文字を知りたい。
回答
(Answer)
①『広がる!漢字の世界①漢字はこうして生まれた』は、イラストの中に現在も使用されている象形文字の漢字が紹介されている。「馬」「子」「白」「木」などが挙げられている。
②『日本の文字 漢字からひらがなができるまで』は、現代でも使用されている象形文字が、イラストから文字にできるまでの流れが紹介されている。「牛」「雲」「門」などが挙げられている。
③『親子で楽しむ こども漢字塾』では、大きなイラストと象形文字が一緒に紹介されている。1ページにつき1つの漢字が挙げられている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音声.音韻.文字  (811 9版)
参考資料
(Reference materials)
①阿辻哲次監修『光村の国語 広がる!漢字の世界① 漢字はこうして生まれた! 』 光村教育図書,2012,63p. 参照はp.13-15.
②町田和彦『ふしぎ?おどろき!文字の本1 日本の文字 漢字からひらがなができるまで』 ポプラ社,2011, 参照はp.10-11.
③本田容子『寺子屋シリーズ9 親子で楽しむ こども漢字塾』 明治書院,2012,79p. 参照はp.6-47.
キーワード
(Keywords)
象形文字
漢字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2014110716152069232
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 小学生(高学年)
登録番号
(Registration number)
1000164712解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!