このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000164707
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M14101011569219
事例作成日
(Creation date)
2014/10/10登録日時
(Registration date)
2014年12月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
全国に桃太郎の話があると聞いたがどのような話なのか
回答
(Answer)
『日本昔話事典』の「ももたろう 桃太郎」の項目をみると、「桃太郎は明治時代になっては、国定教科書にも採用されて画一化されたが、地方には異なった型の「桃太郎」も伝承されている。東北・北陸地方では桃が箱に入って流れてくるところがある。また、桃は登場せず、川で拾った箱を開けると小さい子どもがいると説く例もある(新潟)。また、話の展開の部分には変形が多く、「猿蟹合戦」「雁取り爺」「物くさ太郎」「隣の寝太郎」を思わせる話を含む例もある。石川県には「絵姿女房」や「力太郎」と結びついた桃太郎異譚もある。」と書かれている。そして、参考文献として4冊が紹介されておりそのうちの2冊、『定本柳田国男全集 八巻』、 『石田英一郎全集6』で桃太郎の話を探した。しかし、解説が述べられているが、実際の桃太郎の話は収録されていない。そこで「桃太郎」に関係した他の本を探し、以下の2冊において桃太郎の話が紹介されているのを確認した。
『野村純一著作集 第3巻 桃太郎と鬼』の中には、福島県・能登半島・南加賀・新潟県・西讃岐・徳島県・岡山県新見市神郷町・山陰地方の桃太郎話や異譚が紹介されている。

『桃太郎・舌きり雀・花さか爺』には青森県に伝わる桃太郎の話が紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
稲田 浩二 ほか 編『日本昔話事典』 弘文堂,1978,1169p. 参照はp.p962-p963.
野村 純一『野村純一著作集 第3巻  桃太郎と鬼』 清文堂出版,2011,375p. 参照はp.70-141.
関 敬吾 編『桃太郎・舌きり雀・花さか爺』 岩波書店,2002,237p. 参照はp.12-18.
キーワード
(Keywords)
桃太郎
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2014101011514069219
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000164707解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!