このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000164692
提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
折尾分館5
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年12月16日 18時39分更新日時
(Last update)
2015年11月05日 13時57分
質問
(Question)
「倉」と「蔵」とは同じ「くら」ですが、その意味にどのような違いがありますか。
回答
(Answer)
もともとは「倉」は「穀物を入れておくところ」で、「蔵」は「大事なものをかくしてしまいこんでおくところ」といった意味合いがあったようです。

『大漢和辞典』や『新字源』、『字統』で個々の漢字を調べますと、倉は穀物を入れるくら、蔵は藏の略字でかくす、おさめる、たくわえると読み、他にひそむ、しまつする、一目につかぬようにする、おおうなどといった意味が記載されています。

『広辞苑』や『字訓』で「くら」をひくと「蔵・倉・庫」の字がまとめて充てられていて、「穀物・商品・家財などを保管・貯蔵する建物」と記載されています。さらに『広辞苑』では倉はものをしまっておく建物として広く使い、蔵は大事なものをしまっておく建物と記載され、『字訓』では倉は穀物をたくわえるところ、蔵はくさかんむりに従うことから草間に匿れる、転じてかくすという意味になったと記載されています。

また、『漢字語源辞典』では倉は納屋を表すといい、倉の形がその意味を象るとあります。蔵は中にしまいこむの意だと記載されています。
回答プロセス
(Answering process)
はじめに「くら」の意味を調べるために、自館所蔵の『広辞苑』で「くら」を引きました。「蔵・倉・庫」の3つの漢字が充てられていました。
『字訓』『大辞泉』などを見ても同じでした。その中で『広辞苑』は蔵を大事なものをしまう建物として区別していました。『字訓』では倉を穀物をしまうところと区別していました。

漢字のことはやはり『大漢和辞典』(大修館書店)だと思いましたが、自館に所蔵がなかったので他館に出向き、個々の漢字について調べました。
倉は「穀物をいれるくら、方形のくら、転じて物を入れておくところ」とあり、蔵は「藏の略字で、かくす、おさめる、たくわえる、ひそむ、物をたくわえる所など」と書いてありました。同時に『新字源』も見ることができましたので、調べると同様のことが書かれていました。
自館所蔵の『字統』でも同様のことが書かれていました。

さらに語源について調べることにしました。
他館から『漢字語源辞典』を取り寄せて調べると、『漢字語源辞典』では、倉は「食の略体であり、食は△(あつめる)+良(粮=糧の原字)である。従って、食の略体で穀物を表し、かこいを示す□印を加えて、穀物を収蔵することを示した」と記載され、蔵については「もともとは臧によるがその意味とは関係なしに、その音を借りて作られた。くさかんむりをつけたのは、麦や稲や青草を取り入れてしまいこむことを表すためである。」と記載されていました。

これらの辞典類を参照して回答を導きました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 9版)
音声.音韻.文字  (821 9版)
語源.意味[語義]  (822 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大漢和辞典 1巻』縮刷版 諸橋轍次著 大修館書店 1976年 <R813.2/モ/1>(820頁)
『大漢和辞典 9巻』縮刷版 諸橋轍次著 大修館書店 1976年 <R813.2/モ/9>(895頁)
『角川 新字源』小川環樹等編 角川書店 1976年 <R813/オ>(182頁 871頁)
『新訂 字統』白川静著 平凡社 2007年 <R821.2/シ>(560頁 572頁), ISBN 978-4-582-12813-0
『広辞苑 第6版』新村出編 岩波書店 2008年 <R813.1/シ>(821頁), ISBN 978-4-00-080121-8
『新訂 字訓』白川静著 平凡社 2007年 <813.6/シ>(270頁), ISBN 978-4-582-12814-7
『大辞泉』小学館『大辞泉』編集部編集 小学館 1995年 <R813.1/シ>(778頁), ISBN 4-09-501211-0
『漢字語源辞典』藤堂明保著 学燈社 1966年 <R822/ト>(377頁)
コトバンク( https://kotobank.jp/
キーワード
(Keywords)
漢字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000164692解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決