このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000164636
提供館
(Library)
福岡市総合図書館 (2210003)管理番号
(Control number)
2015.1-03
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年12月16日 15時32分更新日時
(Last update)
2014年12月25日 12時26分
質問
(Question)
日本で街路樹はいつ頃から植えられるようになったのか。その移り変わりも知りたい
回答
(Answer)
1.『世界大百科事典 4 オ-カイ』(平凡社 2009年)p.678「街路樹」の項目の[歴史]の欄に、日本では藤原京、平城京から平安京に至るまでに、街路樹としてタチバナ、ヤナギ、サクラ、エンジュなどが植えられていたようである、とある。
2.『日本大百科全書 4 2版 おおつ-かき』(小学館 1994年)p.763~p.765「街路樹」の項目には「日本の並木、街路樹の起源も古く、『日本書紀』によると敏(び)達(だつ)天皇(在位572~585)のころ難波(なにわ)の街路にクワが植えられたとある。」と載っている。
3.『街路樹』(山本 紀久/著 技報堂出版 1998年)p.4「街路樹解説」の「2.日本の道路並木のあゆみ」の章に、奈良時代の759年に宮符により五畿七道(東海道、東山道、北陸道、山陰道、南海道、西海道、山陽道)の駅路の両側に「果樹」を植えたのが、街道並木の始まりとされる、とある。
4.『「街路樹」デザイン新時代』(渡辺 達三/著 裳華房 2000年)p.29「街路と街路樹の文化小誌」の章の「古代の街路樹」の項目に、滋賀県大津市の穴(あの)太(う)遺跡から、モモの木が列植された跡が見つかった、それは6世紀末から7世紀初頭のものと推定される、という記述がある。また、759年に七つの街道に「菓樹」の植栽を命じる太政官符が出た、という解説もある。
5.『街路樹を楽しむ15の謎』(渡辺 一夫/著 築地書館 2013年)15の樹木が取り上げらていて、中には歴史について触れられているものもある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
世界大百科事典 4 2009年改訂新版 オ-カイ1 平凡社 2009
小学館編. 日本大百科全書 4 おおつ-かき 二版 二版. 小学館, 1994-01.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000067840-00 , ISBN 4095261048
日本造園建設業協会 監修 , 山本紀久 著 , 山本, 紀久, 1940- , 日本造園建設業協会. 街路樹. 技報堂出版, 1998.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002736896-00 , ISBN 4765521184
渡辺達三 著 , 渡辺, 達三, 1943- , 遺伝学普及会. 「街路樹」デザイン新時代. 裳華房, 2000. (ポピュラー・サイエンス)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002923109-00 , ISBN 4785387211
渡辺一夫 著 , 渡辺, 一夫, 1963-. 街路樹を楽しむ15の謎. 築地書館, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024373861-00 , ISBN 9784806714545
キーワード
(Keywords)
街路樹
日本
起源
歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000164636解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決