このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000164285
提供館
(Library)
姫路市立城内図書館 (2310068)管理番号
(Control number)
姫路-149
事例作成日
(Creation date)
2014年12月10日登録日時
(Registration date)
2014年12月10日 13時10分更新日時
(Last update)
2016年01月10日 09時09分
質問
(Question)
姫路城の「抜け穴」について知りたい。現在の姫路城には井戸の底から横に延びる「抜け穴」のような横穴があり、かつて大学の先生が調査し、報告書も残っていると聞いた。
その報告書や、姫路城の「抜け穴」伝説に触れた図書、論文があれば教えて欲しい。
回答
(Answer)
抜穴については、伝説が残っているだけのようです。
(詳細は下記の回答プロセスの内容を文書にして質問者に郵送)
回答プロセス
(Answering process)
○『姫路城の話』(橋本政次著, 姫路観光協会, 1977)46~47頁
「抜穴はあるか」の設問に対しての解説で「今日までいろいろ調査したところでは、抜穴はない。これは下水道の暗渠や、井戸などを見て、言い出したものであろう。しかし間道と考えられるものはある。」として、「る」門などの埋門や、榎下門から鷺山口門へ出る間道のことなどが書かれています。
※『姫路城の話』は、『姫路城史』上・中・下巻のの著者で郷土史家の橋本政次氏が、姫路城についてのあれこれを設問と解説形式でまとめたもので、初版は昭和29年ですが、現在のホームページやお城についての本の解説も本書がもとになっている場合が多く、姫路城についてのレファレンスには必ずあたるべき資料です。

○『日本城郭史研究叢書 第9巻 姫路城の建築と構造』( 名著出版, 1981)198頁
「お菊井」の伝説について書いたところに、「昭和五十六年一月十九日、東京12チャンネルが、アジア航空株式会社・株式会社島津製作所の協力を得て、レーザー光線を使用して、お菊井戸の内部を探った結果、地上より六メートル下降した側壁に、東北に向かう径二メートルの空洞の所在が確認され、抜穴と見られるものが存在する可能性が強まった。」とあります。

質問者がお聞きになったのはこのことかと思いますが、昭和56年以降に、この件について、正式な学術調査があり報告書が出されたなら、図書館で所蔵していると考えられますが、姫路市立図書館には正式な調査報告書のようなものはありません。
『姫路市史 第14巻 別編 姫路城』(姫路市史編集専門委員会編集, 姫路市, 1988)および『城郭研究室年報 創刊号(1991)』~『城郭研究室年報 VOL.23(2014)』(姫路市立城郭研究室編集・発行)にも、関係の報告や論文等はありませんでした。
※『姫路市史 第14巻 別編姫路城』は姫路城に関する歴史・建築・昭和の大修理および文学作品・説話を収録したもので、姫路城についてやや専門的に調べたい場合には、必ずあたるべき基本資料です。

○『姫路-お城物語 [平成17年版]』(神戸新聞マーケティングセンター編集, 姫路 姫路市教育委員会, 2005) 
130~131頁「抜け穴がありますか」の項目に、抜穴になっていると言われている井戸について書かれ、「特に天守閣に一番近いお菊井戸は、いかにも抜け穴らしく思われて、テレビ局や新聞社などが何度も調査していますが、穴の大きさや出口の位置を考えると水抜きで、抜け穴ではないといわれています。」とあります。
※『姫路―お城物語』は姫路市教育委員会が児童向けに編集した資料。児童向けレファレンスに向く

その他、インターネット情報
○姫路市の公式ホームページの「雑学・姫路城」には下記のように記されています。
秘密の抜け穴は?
抜け穴があるとの伝説が昔からありますが、調査の結果、発見されていません。しかし、濠の中に水面下に隠された堤があり、この堤の上をたどれば、歩いて濠を渡ることが可能です。このような非常の場合の間道としての工夫は、随所に見られます
http://www.city.himeji.lg.jp/guide/castle/various.html

○姫路観光ガイド http://www.himejifan.com
「姫路城の抜け穴」「姫路城の抜け道」について書かれていますが、お菊井戸については、「テレビ局や新聞社などが何度か調査していますが、穴の大きさや出口の位置を考えると水抜きで、抜穴ではないと言われています。」とあります。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
橋本政次 著 , 姫路市観光課 編 , 橋本, 政次, 1886-1973 , 姫路市. 姫路城の話 17版. 姫路観光協会, 1976.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011249972-00
加藤得二/著 , 加藤得二. 姫路城の建築と構造. 名著出版, 1981. (日本城郭史研究叢書 ; 9)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I026244388-00
姫路市史編集専門委員会 編 , 姫路市. 姫路市史 第14巻 別編 付図. 姫路市, 1988.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I001031188-00
〔姫路市教育委員会 編〕 , 姫路市教育委員会. 姫路−お城物語. 姫路市教育委員会, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I045334763-00
キーワード
(Keywords)
姫路城
抜け穴
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000164285解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter










新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ