このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000163928
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000019261
事例作成日
(Creation date)
2014/11/13登録日時
(Registration date)
2014年12月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年01月06日 16時38分
質問
(Question)
家族が透析を必要としており、自宅で導尿ケアを行っている。一定の方法は理解しているが、細かな点に不安があり、手順等が書かれた本があれば読んでみたい。
回答
(Answer)
『根拠と写真で学ぶ看護技術 1 生活行動を支える援助』(中央法規)p152-165に、間歇的導尿・持続的導尿双方について、男女の差などの解説も交えつつ、写真入で手順やポイントの説明があり。こちらをごらんいただいた。
回答プロセス
(Answering process)
介護技術(369.2)看護技術(492.9)の書架を探し、また所蔵資料を「透析」「泌尿器 介護」「排泄 看護」などのキーワードで検索して資料の内容を確認したところ、回答欄に記入の資料に詳しい手順が載っていた。
また『介護がラクになる マンガ排泄ケア』(講談社)には、女性の要介護者への導尿ケアに関するマンガがあったが、今回の要介護者は男性とのこと。

さらに、大阪府立図書館から『すぐにわかる!使える!自己導尿指導BOOK』(メディカ出版)を、大阪市立図書館から『図解で学ぶ!泌尿器科の看護技術コツとポイント』(メディカ出版、p89-92に男性の導尿手順あり)を借用し、こちらもごらんいただいた。

なお、下記の本には、導尿の詳しい手順についての記載はなかった。
『高齢者と家族のためのはじめての排泄ケア』(幻冬舎メディアコンサルティング)
『看護・介護の現場のノウハウから生まれた 排泄トラブル解決!べんり手帳』(メディカ出版)
『患者さんと介護家族のための心地よい排泄ケア』(岩波書店)
『ステップアップのための排泄ケア 基礎から学ぶ介護シリーズ』(中央法規)
『生活支援がわかるケアマネジャーの医療知識』(中央法規)
『認知症のお年寄りが落ち着く食事・排泄・入浴ケア』(雲母書房)
『おむちに頼らない排泄介護術』(雲母書房)
『病気・病状別 家庭介護の手引き』(小学館)
『Q&A 家庭に笑顔をとりもどす! 青山式楽ワザ介護入門』(廣済堂出版)
『完全図解 新しい介護 全面改訂版』(講談社)
『福祉用具で変わる介護のある暮らし』(中央法規)
『自立を促す排泄ケア・排泄用具活用術』(中央法規)

このほか、インターネット上には、「ナースなみんなのコミュニティ 看護roo!」の「動画でわかる!看護技術」に「導尿」のページ  http://192.168.141.14/licsxp/RefDetailSyorikbnChangeAction.do  や、「NPO 快適な排尿を目指す全国ネットの会・看護師のお役立ち情報コーナー」のサイトの「自己導尿について」のページ http://www.hainyo-net.org/makosan/004.html  に動画や図のついた解説があるが、インターネットは使われないとのことで、今回はご紹介せず。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369 9版)
臨床医学.診断.治療  (492 9版)
参考資料
(Reference materials)
『根拠と写真で学ぶ看護技術1』(中央法規出版)
キーワード
(Keywords)
導尿(ドウニョウ)
排泄ケア(ハイセツケア)
介護(カイゴ)
看護(カンゴ)
人工透析(ジンコウトウセキ)
腎臓病(ジンゾウビョウ)
泌尿器科(ヒニョウキカ)
医療行為(イリョウコウイ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000163928解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!