このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000163874
提供館
(Library)
凸版印刷株式会社印刷博物館ライブラリー (4310008)管理番号
(Control number)
PML20140422-01
事例作成日
(Creation date)
2014年04月22日登録日時
(Registration date)
2014年12月02日 14時02分更新日時
(Last update)
2014年12月23日 15時24分
質問
(Question)
凸版印刷㈱がつくった書体、文久体について知りたい
回答
(Answer)
『idea note 3月号』2014-03
 「News&topics 凸版文久体」

凸版文久体→ http://www.toppan.co.jp/bunkyutai/
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
印刷  (749 9版)
書.書道  (728 9版)
参考資料
(Reference materials)
凸版印刷株式会社. Toppan idea note = アイデアノート. 凸版印刷情報コミュニケーション事業本部, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023966028-00  (60031440)
文字のつくりかた : "伝わる"文字はどうやって生まれるの?. 美術出版社, 2014. (デザインの現場BOOK)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025394784-00 , ISBN 9784568505665 (S163-D69)
キーワード
(Keywords)
書体
凸版文久体
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
後日(2014年5月)発行の下記資料もあり

 デザインの現場編集部 編『文字のつくりかた :“伝わる”文字はどうやって生まれるの?』(美術出版社, 2014)
  p.96-100「新書体“凸版文久体”の誕生」
   「コラム 時代と文字の変化を追って<凸版文久体>の源流をたどる」
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000163874解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!