このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000163685
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2014-079
事例作成日
(Creation date)
2014年02月14日登録日時
(Registration date)
2014年11月27日 15時52分更新日時
(Last update)
2015年01月08日 13時08分
質問
(Question)
NHKのテレビ番組「永平寺」(1977年初放送)の中で行われた禅問答の中で、「佛性」について修行僧の問いに老師が答えた「衆生と佛性と、同事同参」の漢字表記と意味が知りたい。(漢字表記は質問者の推定)
回答
(Answer)
該当する問答はなかったが、以下の資料で表記、意味等を確認した。「佛性」は「仏性」とも表記されている。

『禅学大辞典』(禅学大辞典編纂所編 大修館書店 1985)
 p506「衆生」の項に「「生存するもの」の意。生命を有するものの総称。世間・出世間のすべての生き物の有情(情・識を有するもの)をいい、出世間のそれは聖者で、世間のそれは凡夫であるとされるが、多くは凡夫のみを衆生とし、佛・菩薩・縁覚・羅漢等の聖者と区別される。(後略)」とあり。
 p1086-1087「仏性」の項に「仏陀の本性の意。〔正法眼蔵〕(95巻)中の第22巻」とあり。  
 p924「同事」の項に「①四摂法の一。(後略)②ともに事をなすこと、またその人。」(出典:①眼蔵、四摂法 ②永平典座教訓)とあり。
 p923「同参」の項に「一師家の下にあって、ともに学び、修行するもの。同学。」(出典:碧厳録二)とあり。
 
『禅の思想辞典』(田上太秀編著 東京書籍 2008)
 p266「衆生」の項に、意識的知的存在物を「有情(うじょう)」といい、「その有情の別名」とあり。「仏教における済度(さいど)の対象となる有情のこと。直接的には人間を指す」とあり。
 p424「仏性」の項に、「文字通りには語意は仏の本性、仏の性質であるが、解釈すると仏になる可能性という意味である。」とあり。
 
『正法眼蔵用語辞典』(中村宗一著 誠信書房 1975)
 p178「衆生」の項に、「一切生物の意。(中略)また、仏に対して迷界の生物の一切を衆生という。」「道元禅師は諸法を一切衆生の意に用いている。有情非情の一切を衆生としている。」とあり。
 p362「佛性」の項に、「如来在住の心性。(中略)禅門においては(中略)衆生即仏性、衆生と仏性は一如とす。」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
禅宗や禅語の参考図書を確認した。

『禅学大辞典』
 p506「衆生」、p1086-1087「仏性」、p924「同事」、p923「同参」の記述あり。
『禅の思想辞典』
 p266「衆生」、p424「仏性」の記述あり。「同事」「同参」なし。
『正法眼蔵用語辞典』
 p178「衆生」、p362「佛性」あり。
 「同事同参」の項なし。

その他、以下の辞典にも記述があった。
『新釈禅林用語辞典 平仄付』(飯田利行著 柏美術出版 1994)
『禅宗小事典』(石川力山編著 法蔵館 1999)
『禅宗辞典』(山田孝道著 国書刊行会 1974)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各宗  (188 9版)
参考資料
(Reference materials)
『禅学大辞典』(禅学大辞典編纂所編 大修館書店 1985), ISBN 4-469-09108-1
『禅の思想辞典』(田上太秀編著 東京書籍 2008), ISBN 978-4-487-73334-7
『正法眼蔵用語辞典』(中村宗一著 誠信書房 1975)
キーワード
(Keywords)
公案 (禅宗)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000163685解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!