このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000163669
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2014-069
事例作成日
(Creation date)
2014年01月08日登録日時
(Registration date)
2014年11月27日 14時21分更新日時
(Last update)
2015年01月07日 13時42分
質問
(Question)
「気心腹人己」という詩句を最初に言ったのは誰か知りたい。
回答
(Answer)
最初に言った人物は分からなかったが、以下の資料に詩句の記述があった。
 
「名歌人生読本 短歌にまなぶ日本の心」(久米建寿著 文芸社 2000)
 p87「気は長く心は丸く腹立てず人は大きく己小さく よく見かける右の歌も同じ趣意である」とあるが、出典は明記されていない。
 
上前淳一郎著「読むクスリ 538」(『週刊文春 36(30) 1994年8月4日号』p98-99 文芸春秋 1994)
 「気心腹己人」と書かれた看板を紹介しているが、出典については記述なし。(「己」と「人」の順序が上記とは逆になっている。)
回答プロセス
(Answering process)
《Googlebooks》( http://books.google.co.jp/  Google 2014/01/07最終確認)で該当した資料を確認したほか、調査途中で判明した道歌関係の資料を確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者自身でインターネット情報を調査。尾関宗園(臨済宗の僧侶)に関する情報があったが、元はもっと古い人ではないかとのこと。
NDC
人生訓.教訓  (159 9版)
参考資料
(Reference materials)
「名歌人生読本 短歌にまなぶ日本の心」(久米建寿著 文芸社 2000)
『週刊文春 36(30) 1994年8月4日号』(文芸春秋 1994)
キーワード
(Keywords)
道歌
人生訓
気心腹人己
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000163669解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!