このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000163555
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2014-068
事例作成日
(Creation date)
2014年01月08日登録日時
(Registration date)
2014年11月25日 17時10分更新日時
(Last update)
2015年01月08日 14時52分
質問
(Question)
「気心腹口命」という詩句を最初に言ったのは誰か、また、類似のものがあるか知りたい。
回答
(Answer)
最初に言った人物は分からなかったが、以下の資料に詩句の記述、類似の詩句の記述があり、これを提供した。

『成語大辞苑 故事ことわざ名言名句』(主婦と生活社 1995)
 p747-748〈短気は短命〉の解説に「気長をすすめる有名な道歌(教訓を含む短歌)がある。『気は長く心は丸く腹立てず口慎めば命長かれ』」とあり。
 
『日本宗教と日系宗教の研究 日本・アメリカ・ブラジル』(中牧弘允著 刀水書房 1989)
 p306 ある宗教団体の信者がもってきたとして「気心腹口命」を紹介している。
 
『日本の条件 16 高齢化社会』(NHK取材班編 日本放送出版協会 1985)
 p129 アンケートの回答に「『気は長く、心は丸く、腹立てず、口慎めば、命長かれ』(六五歳)」とあり。

 
また、類似の詩句に以下のものがあった。
1「気は長く心は丸く腹は立てずに商売繁盛」 
「特集・ことば20のQ&A」(『言語 14(5)』p65 大修館書店 1985)
 「「気心腹二升五合」と書いて、「気は長く 心は丸く 腹は立てずに 商売繁盛」と読ませる」とあり。
 
『石子順造著作集 1 キッチュ論』(石子順造著 喇嘛舎 1986)
 p143「ほかに『人』という字を大きく、『己』を小さく、『心』を丸く、『腹』を横に、『気』を縦長に書いて、“人は大きく己は小さく心はまるく腹立てず気は長く”と読ませ、『春夏冬』の三文字で“あきない”(飽きないと商いにかける)、『客』『成り』の二字の間に鈴をつけて“客のすずなり”と読むなど、(以下略)」とあり。

2「気は長く心は丸く腹たゝす勤はきつく言はのこして」
『東都茶会記 1 明治四十五年~大正三年 近代茶会史料集成』(高橋箒庵著 熊倉功夫校注 淡交社 1989)
 p218 井伊直弼の短歌「気は長く心は丸(まろ)く腹たゝす 勤(つとめ)はきつく言(こと)はのこして」あり。この短歌は「又最も面白きは気の字を長く書き、心の字を丸く書き、腹の字を横に書き、勤の字を正しく書き、言の字の最後の一画だけを書き残して左の如き歌あり」とあり。

3「気は長く勤めはかたく色薄く心はふとく食は細かれ」
『狂歌鑑賞辞典 角川小辞典 36』(鈴木棠三著 角川書店 1984)
 p129下段「気は長く勤めはかたく色薄く心はふとく食は細かれ」[豊芥子日記・上/耳袋・1]狂歌師手柄岡持の作。」とあり。
 
『続日本随筆大成 別巻 10 近世風俗見聞集』(吉川弘文館 1983)
 手柄岡持「豊芥子日記」収載。p306に「気勤色心 気は長く勤めはかたく色薄く心はふとく食は細かれ」とあり。

4「気は長くつとめは堅く色うすく食ほそうして心ひろかれ」
『道歌教訓和歌辞典』(木村山治郎編 東京堂出版 1998)
 p106下段「気は長く勤めは強く色薄く食細うして心広かれ(作者未詳『閑窓瑣談』後)」とあり、「耳袋」にも所収。一本に天海僧正の作とされるが、そちらは第二句が「勤めは堅く」となっている旨の記述あり。
 
『日本随筆大成 第1期 14』(吉川弘文館 1975)
 p416「閑窓瑣談後編 第49 熨斗」〔割註〕に「「気は長く勤めは強く色薄く食細うして心広かれ」とあり。「誰も知れる歟、養生の歌あり」とあり、作者の記述なし。
 
『比叡山延暦寺 世界文化遺産 歴史文化ライブラリー 55』(渡辺守順著 吉川弘文館 1998)
 p66「寛永20年(1643)に、家光らの厚い看護も空しく天海は入滅した。辞世に『気は長くつとめは堅く色うすく食細うして心ひろかれ』がある。」
 
『小江戸川越見て歩き ぶらり旅、見どころ情報満載 見て歩きシリーズ 8』(松尾鉄城編 幹書房 2009)
 p26の欄外に、天海僧正の長寿歌として以下の二首が紹介されている。
 「長命は 粗食 正直 日湯 陀羅尼 折々 御下風 あそばさるべし」
 「気は長くつとめはかたく色うすく食細うして心広かれ 」
回答プロセス
(Answering process)
《Googlebooks》( http://books.google.co.jp/  Google 2014/01/08最終確認)で該当した資料を確認したほか、調査途中で判明した道歌関係の資料を確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者自身でインターネット情報を調査。尾関宗園(臨済宗の僧侶)に関する情報があったが、元はもっと古い人ではないかとのこと。
NDC
人生訓.教訓  (159 9版)
参考資料
(Reference materials)
『成語大辞苑 故事ことわざ名言名句』(主婦と生活社 1995), ISBN 4-391-11756-8
『日本宗教と日系宗教の研究 日本・アメリカ・ブラジル』(中牧弘允著 刀水書房 1989)
『日本の条件 16 高齢化社会』(NHK取材班編 日本放送出版協会 1985), ISBN 4-14-008420-0
『言語 14(5)』(大修館書店 1985)
『石子順造著作集 1 キッチュ論』(石子順造著 喇嘛舎 1986)
『東都茶会記 1 明治四十五年~大正三年 近代茶会史料集成』(高橋箒庵著 熊倉功夫校注 淡交社 1989)
『狂歌鑑賞辞典 角川小辞典 36』(鈴木棠三著 角川書店 1984)
『続日本随筆大成 別巻 10 近世風俗見聞集』(吉川弘文館 1983)
『道歌教訓和歌辞典』(木村山治郎編 東京堂出版 1998), ISBN 4-490-10490-1
『日本随筆大成 第1期 14』(吉川弘文館 1975)
『比叡山延暦寺 世界文化遺産 歴史文化ライブラリー 55』(渡辺守順著 吉川弘文館 1998), ISBN 4-642-05455-3
『小江戸川越見て歩き ぶらり旅、見どころ情報満載 見て歩きシリーズ 8』(松尾鉄城編 幹書房 2009), ISBN 978-4-902615-50-0
キーワード
(Keywords)
気心腹口命
道歌
人生訓
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000163555解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!