このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000163048
提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-205
事例作成日
(Creation date)
2014年9月12日登録日時
(Registration date)
2014年11月19日 14時37分更新日時
(Last update)
2014年12月02日 15時17分
質問
(Question)
「教頭」という呼称は、昭和16年国民学校令以前は「首席訓導」という呼び方をしていたか。
回答
(Answer)
首席訓導について下記資料には、次のような記述がある。

『道 過去に学び未来を拓く』
⇒p33「第2部あゆみ 1 わが国教頭の歴史的経緯」
明治40年に至り、小学校制となり教員数も増加して、校長一人では校務をまとめることが困難になってきたので、その補佐役が必要になり、明治43年文部省通牒により首席訓導が置かれた。
⇒p49「5 教育の流れ130年」
1910(明治43)首席訓導 文部省普通学務局長通牒に、はじめて首席訓導の呼称がでる。義務教育6ヵ年制との関連による学校教育の充実を意味する。

『岩手学事彙報 第954号』
⇒p6~9 菊池文月∥著「首席訓導論」
「本論の一」(略)首席訓導は学校の女房役を勤める人(略)
「本論の二」古くても新しくても首席訓導は校長に次ぐ席次である(略)
回答プロセス
(Answering process)
・教育史資料、教頭職関係資料をブラウジング。
事前調査事項
(Preliminary research)
『学校の歴史1~5』第一法規 『日本の教師22,23』ぎょうせい 『近代子ども史年表 昭和・平成編』河出書房新社 『学制百年史 記述編』帝国地方行政学会 『岩手近代教育史1~3』岩手県教育委員会 『日本国語大辞典4(縮刷版)』小学館
NDC
教育史.事情  (372 9版)
参考資料
(Reference materials)
『道 過去に学び未来を拓く』〔岩手県教頭会〕∥岩手県教頭会∥出版 2006年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I036138755-00 )
『岩手学事彙報 第954号』岩手県教育会∥出版 1913年
キーワード
(Keywords)
首席訓導
教頭
文部省通牒
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000163048解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!