このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000162255
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中児童-2014-6
事例作成日
(Creation date)
2014年07月09日登録日時
(Registration date)
2014年11月16日 09時13分更新日時
(Last update)
2014年11月18日 10時44分
質問
(Question)
サメの祖先の誕生から、どのような進化を遂げて現在の姿に至っているのかを知りたい。(小学校4年生の自由研究用に)
回答
(Answer)
サメの進化については、次の資料に掲載されている。

(1)『ならべてくらべる 動物進化図鑑』(川崎悟司著 ブックマン社 2012)
 p.120-121「第4章 魚と海にすむ生きもの」に「サメの進化」の項がある。
 サメの誕生から現在の姿に至るまでがイラストで並べられている。

(2)『こわい! 強い! サメ大図鑑』(田中彰監修 PHP研究所 2012)
 p.46-47「第2章 サメの体の不思議」の中にサメの先祖についての記述がある。
 サメ類の歯の形態の進化についても載っている。

(3)『サメ、真実の世界』(ジャック・T・モイヤー著 フレーベル館 2002)
 p.8-10「2 やわらかい骨の魚」の項の中で、古代のサメについて述べられている。

(4)『100の知識 サメのなかま』(スティーブ・パーカー著 文研出版 2010)
 p.8-9「大昔のサメ」の項に古代のサメについて記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
OPACにて児童資料を全項目「サメ 進化」で検索。
児童室の487(脊椎動物)、457(古生物学)の棚をブラウジング。

調査したが適当な記述が見当たらなかった資料
『魚 小学館の図鑑NEO POCKET』(井田齊監修・執筆 小学館 2010)
 p.6に魚の進化についての図があるが、サメの祖先や進化についての詳細はわからない。

『ネイチャーライブラリー6 化石と古生物』(リチャード=ムーディ著 偕成社 1988)
 p.35に魚類の進化について図があるが、サメの先祖や進化についての詳細はわからない。

『生命の歴史』(ミヒャエル・ベントン著 評論社 1990)
 p.34、36などに古代の魚についての記述はあるが、サメについて詳しく取り上げられてはいない。

『化石がかたる太古の地球』(ボジボイ・ザールバ著 佑学社 1986)
 p.17の一部にサメの先祖のイラストがあり。詳しい説明はなし。

『古代生物大図鑑』(D・ディクソン、R・マシューズ著 金の星社 1997)
 p.36に初期のサメについて少し記述があるが、詳しい説明はなし。

『原始の海』(ドゥニス・プラーシュ著 評論社 1986)
『チンパンジーはいつか人間になるの? おどろき動物進化学』(熊谷 さとし 著 偕成社 2009)
『ホネからわかる!動物ふしぎ大図鑑 3 海の動物たち 』(富田 京一著 日本図書センター 2010)
 サメの進化については記述なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
脊椎動物  (487 9版)
古生物学.化石  (457 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ならべてくらべる 動物進化図鑑』(川崎悟司著 ブックマン社 2012)|0600470095
『こわい! 強い! サメ大図鑑』(田中彰監修 PHP研究所 2012)|0600469970
『サメ、真実の世界』(ジャック・T・モイヤー著 フレーベル館 2002)|0600268784
『100の知識 サメのなかま』(スティーブ・パーカー著 文研出版 2010)|0600410702
キーワード
(Keywords)
さめ(鮫)
進化
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000162255解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!