このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000162101
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2014-15
事例作成日
(Creation date)
2012年10月25日登録日時
(Registration date)
2014年11月12日 16時19分更新日時
(Last update)
2016年12月08日 13時54分
質問
(Question)
マハタの高級感が伝わるようなエピソードや幻の魚と言われる所以が書かれた資料がほしい。
回答
(Answer)
まず「お魚博士」として知られる水産学者・随筆家、末広恭雄氏の著作には、【資料1】p395-403「ハタ」の項で「ハタの仲間には美味なものが多い。」、【資料2】p24-27「ハタ類」の項で「往々にして貪魚の魚の肉にはまずいものが多いが、ハタ類、とくにマハタの味はすばらしい。古い魚類学の本にも「マハタはハタ類のなかでもっとも美味である」と書かれている。マハタは、煮るより、焼くより、まず刺身である―とりたてのマハタを刺身にして舌にのせたら、こたえられない。」とあります。なお、この「古い魚類学の本」とは【資料3】のことで、「はたじろ」の項に「漢名(からのな)詳(つまびらか)ならず。種類多し。まはたを以て上(うえ)とす。(中略)肉白く旨し。(以下略)」とあります。
次に【資料4】p146-147「マハタ」の項に「夏が食べごろで、白身で小骨が少なく、調理しやすい。大型魚で、キジハタに次いで味がよいとされ、高級魚として扱われる。刺身やすし種、煮付け、鍋物、唐揚げなどで幅広く賞味される。長崎県の〈アラ料理〉にも使われる。
 《本朝食鑑》では〈旗代魚〉、《和漢三才図会》では〈鰭白魚〉として登場する。体に黒と白の帯が並ぶ文様が印象的で、黒白に染め分けられた旗を連想させ、漁師のあいだの俗説として、竜宮の戦闘で旗代わりとなる魚として考えられ〈ハタシロ〉と呼ばれた。」とあります。この「本朝食鑑」【資料5】では「旗代魚」(p152-153)として記載されており、
「旗代魚 波多志呂(はたしろ)と訓(よ)む。
 [釈名]漁家のいうところでは、魚紋は黒と白とを相畳み、ちょうど、黒白に分け染めた旗のようである。竜宮に戦闘があれば、この魚を旗代わりにするので、旗代というのであると。これは笑うべき誕言(こじつけ)であって用いるに足りない。あるいは旗白とも書くが、これも相当(あた)っていない。
 [集解]鱗が細かく、鰭が長く、尾に岐がない。色の黒いものが上であり、白いものは味が劣る。略(ほぼ)藻魚に似ているけれども、形は扁で、鬐(せびれ)も細脆で、肉は美白、味は甘淡で佳い。以上に記した五種の魚の気味は相類(に)ているけれども、藻魚(もうお)・旗代(はたしろ)が勝れ、眼(め)張(ばる)がこれに次ぎ、鮎魚女(あいなめ)は膩(あぶら)があって味は佳くない。」
とあります。
【資料6】「鰭白魚」(p155)の項目に
「鰭白(はたしろ・こしょう)魚 古世宇[京俗] 名の由来、正字とも未詳
 △思うに、旗代魚はほぼ藻魚に似て、身が扁(ひらた)く短首。繊(ほそい)鬐(せびれ)で鱗には黒白の文様がある。肉は脆白[淡甘]。冬春に出てくる。京師ではこれを賞味しない。ただ毒がないので佳(よし)としている。」
とあります。
【資料7】「はた 羽太(別名 まはた、あら)」(p288-289)の項に「ハタは鰭とも書き、魚類の古名で、ひれ(鰭)の古称とされる。神前に供える種々の魚を祝詞では「ハタの広物(ひろもの)、狭物(さもの)」といい、ひれが広いか狭いかによって魚類の大小を表現しており、大小さまざまの魚の意である。そういえば、マハタのひれもたいそう立派であるが、縁起魚として喜ばれるようになった明白な理由は不明である。」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
脊椎動物  (487 9版)
水産業  (66 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『魚の博物事典』(末広恭雄/〔著〕 講談社 1989年)<当館請求記号487.51/スヤ/1989>
【資料2】『末広恭雄選集 4 追補 随筆で楽しむ日本の魚事典 海水魚4』(末広恭雄/著 木村清志/監修 錦秋社 2007年)<当館請求記号487.5/スヤ4/2007>
【資料3】『魚鑑』(武井周作/著 天保2(1831)年刊) (国立国会図書館デジタルコレクション< http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2557482/28 >)
【資料4】『食材魚貝大百科 2 貝類魚類』(平凡社 1999年)<当館請求記号664.6/シヨ2/1999>
【資料5】『本朝食鑑 4』(人見必大/著 島田勇雄/訳注 平凡社 1980年 ※原著は元禄8年(1695年)刊)<当館請求記号499.9/16/4>
【資料6】『和漢三才図会 7』(寺島良安/〔著〕 島田勇雄〔ほか〕/訳注 平凡社(東洋文庫) 1987年 ※原著は正徳2年(1712年)頃の刊行)<当館請求記号031.2/14/7>
【資料7】『日本料理由来事典 中 す~わ』(同朋舎出版 1990年)<当館請求記号596.21/121/2>
キーワード
(Keywords)
まはた
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000162101解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!