このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000162073
提供館
(Library)
長崎市立図書館 (2310220)管理番号
(Control number)
長崎市-2015-1
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年11月12日 12時40分更新日時
(Last update)
2015年02月27日 16時38分
質問
(Question)
長崎国際文化都市建設法について、制定された経緯や背景を知りたい。
回答
(Answer)
長崎国際文化都市建設法は、原爆被災都市である長崎市を国際文化都市として建設するため、昭和24(1949)年5月に第五国会において、満場一致で可決された法律です。
この法律は一つの地方公共団体のみに適用される特別法であり、憲法九十五条の適用に該当するため、その賛否を市民に問う住民投票が7月に実施されました。住民投票の結果、賛成率98.6%という高い支持を受け、8月9日に公布される運びとなりました。
この長崎国際文化都市建設法に基づいて様々な事業が展開され、長崎は平和と文化を象徴する特別都市として、目覚しい復興を遂げたのです。

■以下の資料をご紹介します。

①『長崎市制六十五年史 前編』
 【長崎市役所総務部調査統計課 編さん/長崎市役所総務部調査統計課/1956/N219.3ナ】
 「第四部 行政 第五章 民主的自治制度の成立 第四節 市勢の進展 1 国勢文化都市建設」の項。
 制定の目的や賛否投票など記載あり。(p.573-576)
 「第十三部 建設 第三章 国際文化都市建設」の項。
  長崎国際文化都市建設法に基づいて行われた、戦後復興事業について詳細な記述あり。(p.1308-1333)

②『長崎原爆戦災誌 第1巻 総説編』
 【長崎原爆資料館 編集/改訂版/長崎市/2006/G210.75ナ】
 「第二節 国際文化都市建設」の項。
 戦災復興計画から長崎国際文化都市建設法制定の流れ、住民投票結果、建設法本文、記念事業など詳細に記載あり。(p.665-691)

③『新長崎市史 第4巻 現代編』
 【長崎市史編さん委員会 編集/長崎市/2013/N219.3シ】
 「第1節 被爆と平和都市建設」の項。(p.2-4)
 「第7節 戦災復興と国際文化都市建設事業」の項。(p.97-102)
  戦災復興計画や長崎国際文化都市建設法制定の流れなどについて記載あり。

④『長崎市議会史 記述編第3巻』
 【長崎市議会 編/長崎市議会/1997/N318.4ナ】
 「2 行政の始動と摩擦 国際文化都市への道」の項。
  当時の議会の様子や市民に投票を呼びかけるポスターの掲載あり。(p.53-56)

⑤『長崎県議会史 第6巻 戦後編 自昭和二十二年四月至昭和三十年三月』
 【長崎県議会史編さん委員会 編集/長崎県議会/1977/N318.4ナ】
 「昭和二十四年度 四月定例会」「昭和二十四年度 六月定例会」の項。
  長崎国際文化都市建設法に関する知事・議員の発言などが記載されている。 (p.267、p.272-273、p.279、p.282-283、p.285、p.287)

⑥『長崎原爆被爆50年史』
 【長崎市原爆被爆対策部 編集/長崎市原爆被爆対策部/1996/G369.3ナ】
 「第8章 平和のあゆみ 第2節 原爆資料館 1 建設の経緯(長崎国際文化都市建設法)」
  国際文化都市建設法制定までの流れと施行後の国際文化都市建設事業について簡単に説明してある。(p.395-396)

⑦『長崎 爆心地復元の記録』
 【調 来助 編/日本放送出版協会/1972/G210.75シ】
 「第三章 復元の中から (三)長崎、都市復興」の項。
  原爆投下後の長崎市の様子から長崎国際文化都市建設法公布までの流れが簡単にまとめられている。(p.164-168) 

⑧『長崎事典 歴史編』
 【秋月 辰一郎 ほか 監修/長崎文献社/1982/N219.3ナ】
 「長崎国際文化都市建設法」の項。
 制定から公布までの簡単な流れの記述あり。(p.145-146)

⑨『長崎県大百科事典』
 【長崎新聞社・長崎県大百科事典出版局 編集/長崎新聞社/1984/N291.93ナ】
 「長崎国際文化都市建設計画」の項。
 長崎国際文化都市計画法に基づいて計画された都市計画についても記述あり。(p.619)

⑩『平和事典』
 【広島平和文化センター 編/新訂/勁草書房/1991/R319.8ヘ】
 「長崎の戦災復興計画と長崎国際文化都市建設法」の項。
  制定に向けての動きや住民投票についての記述の他、記念施設建設事業の例なども記載あり。(p.530-531)

⑪『広報ながさき 市制100周年記念 ダイジェスト・縮刷版』
 【長崎市総務部広報課 編集/第一法規出版/1989/Na318.2コ】
「広報ながさき」の前身である「長崎市政展望」第2号に、長崎国際文化都市建設に関する記事あり。
 長崎国際文化都市建設法制定後、法律に基づき進められている復興計画(長崎国際文化都市建設事業5ヵ年計画)について記載されている。(p.5)

⑫『長崎新聞に見る長崎県戦後50年史 1945-1995』
 【長崎新聞社/1995/N219.3ナ】
 「1949 昭和24年 ■被爆地援助へ特別法を衆院可決」(p.38)
 「1949 昭和24年 ■市民投票で文化都市建設法支持」(p.39)
 「1949 昭和24年 ■平和と文化の象徴都市を宣言」(p.39)

⑬『ナガサキは語りつぐ 長崎原爆戦災誌』
 【長崎市 編/監修:長崎国際文化会館/岩波書店/1991/G210.75ナ】
 「3 文化都市の建設」の項。(p.191-192)

⑭『激動二十年 長崎県の戦後史』
 【毎日新聞西部本社 編/昭和40年刊の復刻版/葦書房/1994/N219.3ゲ】
 「国際文化都市、建設」の項。(p.177-178)

⑮『《トピックスで読む》長崎の歴史』
 【江越 弘人 著/弦書房/2007/N219.3エ】
 「国際文化都市の建設」の項。(p.286)

○国立国会図書館デジタル化送信サービス
長崎市立図書館では所蔵していませんが、国立国会図書館デジタルコレクション図書館向けデジタル化資料送信サービスで、下記の資料の閲覧が可能です。(2015/1/15 現在)

『国際文化都市 長崎年鑑』
【今村省吾 編/長崎文化出版協会/1950】 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2998521
国際文化都市建設に関する項目あり。

〇レファレンス協同データベース
「新聞『長崎日日』(Z81-71)につきまして、以下の記事掲載確認をお願いいたします。掲載確認希望記事:「長崎国際文化都市建設法」の住民投票や法律の周知徹底運動(投票の棄権防止運動)に関する記事および社説(記事タイトル不明)」
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000132815
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
九州地方  (219 9版)
地方自治.地方行政  (318 9版)
外交.国際問題  (319 9版)
参考資料
(Reference materials)
長崎市. 長崎市制六十五年史 前編. 長崎市総務部調査統計課, 1956.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000961000-00
長崎原爆資料館 編 , 長崎原爆資料館. 長崎原爆戦災誌 第1巻 (総説編) 改訂版. 長崎市, 2006.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009695395-00
長崎市史編さん委員会 編 , 長崎市. 新長崎市史 第4巻 (現代編). 長崎市, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024475056-00
長崎市議会 編 , 長崎市議会. 長崎市議会史 記述編 第3巻. 長崎市議会, 1997.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002610496-00
長崎県議会史編纂委員会 編 , 長崎県議会. 長崎県議会史 第6巻. 長崎県議会, 1977.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001328431-00
長崎市原爆被爆対策部 編 , 長崎市. 長崎原爆被爆50年史. 長崎市原爆被爆対策部, 1996.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002503322-00
調来助 編 , 調, 来助, 1899-1989. 長崎 : 爆心地復元の記録. 日本放送出版協会, 1972.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001188387-00
長崎事典 歴史編. 長崎文献社, 1982.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001610672-00
長崎新聞社長崎県大百科事典出版局 編 , 長崎新聞社. 長崎県大百科事典. 長崎新聞社, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001719075-00
広島平和文化センター 編 , 広島平和文化センター. 平和事典 新訂. 勁草書房, 1991.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002123280-00 , ISBN 4326000023
長崎新聞に見る長崎県戦後50年史 1945−1995. 長崎新聞社, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I021631207-00
長崎市 編 , 長崎市. ナガサキは語りつぐ : 長崎原爆戦災誌. 岩波書店, 1991.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002123451-00 , ISBN 4000015400
柳本見一 [著] , 毎日新聞西部本社 編 , 柳本, 見一 , 毎日新聞社. 激動二十年 : 長崎県の戦後史. 葦書房, 1994.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002399389-00 , ISBN 4751205889
江越弘人 著 , 江越, 弘人, 1935-. 「トピックスで読む」長崎の歴史. 弦書房, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008466881-00 , ISBN 9784902116779
キーワード
(Keywords)
長崎国際文化都市建設法
特別法
復興
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000162073解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!