このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000161955
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2014-088
事例作成日
(Creation date)
2014/06/07登録日時
(Registration date)
2014年11月09日 16時24分更新日時
(Last update)
2015年01月15日 18時25分
質問
(Question)
大豆油を用いたインキは数多く日本で使われているが、インターネットを見ると従来インキ(石油系)と比較してVOCが少ないと書かれている。
その根拠となるような資料を探している。
回答
(Answer)
以下、大豆油インキのVOCについて記述のある資料、ウェブサイトを紹介した。

所蔵資料
『塗料・インキがわかる技術読本』(高橋淳編著 シーエムシー出版 2004)
 p139-141 大豆油インキとは、インキ中の鉱物油を約半分大豆油に置き換えたものでありVOCを多少減らす趣旨の記述あり。
『食用油脂入門』(神村義則監修 日本食糧新聞社 1999)
 p99-100「大豆油インキ」の項目によると、大豆油インキの特徴のひとつとして「印刷工程で使うVOC(揮発性有機物)の消費量を削減できる」との記述あり。なお、項目の最後に典拠資料として「油脂 vol.51,No.7(1998)」との記述があるが当館未所蔵。下記【参考情報】を参照。
吉川昭二著「ライスインキの活用」(『印刷雑誌 92(10)』p15-21 印刷学会出版部 2009.10)
 p15-16 「大豆油インキはそれまでの一般型インキから鉱物油(石油系溶剤)を減らし、その分大豆油成分を増やし(中略)VOCの削減に効果があるとして環境配慮型インキとして使われてきた。」
一瀬育士著「環境対応型平板インキ(大豆油インキ)の開発」(『化学工学 70(8)』p390-398 化学工学会 2006.8)
 大豆油インキのVOCについての記述あり。
中野忠著「環境調和型オフセット枚葉インキの原材料と印刷に関する各種基準」(『紙パ技協誌 59(7)』p83-89 紙パルプ技術協会 2005.7)
 大豆油インキのVOCについての記述あり。

インターネット情報
《J-STAGE》( https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/  科学技術振興機構 2014/6/4最終確認)
 〈大豆 & インキ & VOC〉で検索し、以下2件ほか25件の論文がヒット。刊行年が新しいものを除き本文閲覧可(すべて抄録あり)。
福田幸一、石井秀夫著「「ナチュラリス100」VOCフリー平版インキの開発」(「日本印刷学会誌 37(5)」p255-256 日本印刷学会 2000)
 従来の大豆油インキよりもVOCを極限まで削減した、VOCフリーで溶剤分に100%大豆油を使用したインキ「ナチュラリス100」の開発についての記述あり。
山中俊雅著「特集「印刷と環境」オフセットインキと環境対応」(「日本印刷学会誌 35(2)」p42-47 日本印刷学会 1998)
 「大豆油インキとVOC」の項目に数値と解説あり。「表4 大豆油枚葉インキと一般品との性能及びVOCの比較」データも掲載している。

《印刷インキ工業連合会》( http://www.ink-jpima.org/index.html  2014/06/03最終確認)
 「環境と印刷インキ」( http://www.ink-jpima.org/ink_kanryou.html#02
  大豆油インキ等の植物油インキの解説、VOCについての解説あり。
 「印刷インキ業界におけるVOC排出抑制の取組み」( http://www.ink-jpima.org/ink_torikumi.html
  VOCの定義、排出の現状、連合会の取り組みについて解説あり。
 「植物油インキ」( http://www.ink-jpima.org/ink_syokubutu.html
  植物油インキの定義・基準・マークの制定について解説あり。

参考情報
 当館未所蔵だが参考として以下の資料を紹介した。
「インキ用油脂-新聞のカラー印刷で大豆油インキ拡大 オフセットも環境イメージで増大」(「油脂 51(7)」p30-32 幸書房 1998 国会図蔵)
 上記『食用油脂入門』の記述の出典資料と思われる。
回答プロセス
(Answering process)
自館目録をキーワード〈インキ & NDC分類〈5〉〉で検索しヒットした資料、NDC分類〈57〉の書架資料をブラウジング調査する。

以下ウェブサイトで雑誌記事論文を確認する。
〈大豆 & インキ & インク & VOC〉等を掛け合わせて検索する。
《J-STAGE》( https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/  科学技術振興機構 2014/06/04最終確認)
《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所 2014/06/03最終確認)
《国会図サーチ》( http://iss.ndl.go.jp/  国立国会図書館 2014/06/04最終確認)

以下団体ウェブサイトの情報を確認する。
《印刷インキ工業連合会》( http://www.ink-jpima.org/index.html  2014/06/03最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
油脂類  (576 9版)
参考資料
(Reference materials)
『塗料・インキがわかる技術読本』(高橋淳編著 シーエムシー出版 2004), ISBN 4-88231-833-4
『食用油脂入門』(神村義則監修 日本食糧新聞社 1999), ISBN 4-88927-097-3
『印刷雑誌 92(10)』(p15―21 印刷学会出版部 2009)
『化学工学 70(8)』(p390-398 化学工学会 2006)
『紙パ技協誌 59(7)』(p83-89 紙パルプ技術協会 2005)
キーワード
(Keywords)
印刷インキ
揮発性有機化合物
豆油
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000161955解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決