このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000161943
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2014-085
事例作成日
(Creation date)
2014/04/18登録日時
(Registration date)
2014年11月09日 11時46分更新日時
(Last update)
2015年01月20日 14時53分
質問
(Question)
第三者からの精子提供について書かれた資料を探している。
回答
(Answer)
以下の当館所蔵資料及び情報を提供した。
※事例作成日までの情報であること、資料の刊行年月日に注意。

図書資料
『生殖医療 シリーズ生命倫理学 6』(菅沼信彦、盛永審一郎責任編集 丸善出版 2012)
 精子提供、精子凍結保存、精子バンクについて、過去から現在に至る状況や、現況が掲載されている。参考文献も掲載されている。まず概要を知るための導入書として紹介。
『生殖技術』(柘植あづみ〔著〕 みすず書房 2012)
 提供精子や提供卵子は売買されるべきかなど、生殖技術の全体像について最近の研究成果をまとめたもの。
『グローバル化時代における生殖技術と家族形成』(日比野由利編著 日本評論社 2013)
 p159「配偶子ドナーをめぐる制度」
『世界の出産』(松岡悦子、小浜正子編 勉誠出版 2011)
 p70「精子提供・卵子提供・代理出産と生殖ツーリズム」文末に参考文献あり。
『家族をつくる 提供精子を使った人工受精で子どもを持った人たち』(ケン・ダニエルズ著 仙波由加里訳 人間と歴史社 2010)
 1冊に渡って人工授精に関わった人々を書いている。技術的な情報は少ない。
『妊娠を考える』(柘植あづみ著 NTT出版 2010)
 p201-230「<普通の>家族と<本当の>親子 提供精子と提供卵子」
『生殖医療と法』(町野朔、水野紀子編 信山社出版 2010)
 厚労省の報告者や学会等の指針、裁判例等について、精子提供や精子凍結保存の記述あり。
『生殖補助医療と法』(日本学術協力財団編 日本学術協力財団 2012)
 p64-66「第三者配偶子を用いる生殖医療の現況」に、p65「OECD加盟34カ国における第三者配偶子使用の可否」の表があり、精子提供についても記述あり。
 p155、159-160に精子提供に関する記述あり。

雑誌記事
「SOCIETY FERTILITY 精子提供者がはまる養育費地獄:米社会 善意で提供したDNAをたどって放棄したはずの「親の責任」を求められる精子ドナーの困惑と「血のつながり」の重み」(『Newsweek 28(7)』p60-61 阪急コミュニケーションズ 2013)
石原理著「第三者の関与する生殖医療:日本と世界の比較」(『母子保健情報 66』p76-79 母子愛育会 2012)
 世界各国の第三者配偶子の使用について記述あり。
森映子著「生殖医療をめぐる家族の葛藤(上)」(『婦人公論 96(11)』p104-107 中央公論新社 2011)
森映子著「生殖医療をめぐる家族の葛藤(下)」(『婦人公論 96(12)』p62-65 中央公論新社 2011)
 ドナーの告知について書かれている。
Emma John著「精子提供に人生を捧げる男たち 僕の子供、産みませんか?」(『Courrier Japon 6(8)』p108-111 講談社 2010)
 オランダの個人ドナーについて書かれている。
兼子智著「精子凍結保存の特性と臨床的意義」(『日本医師会雑誌 141(6)』p1249-1252 日本医師会 2012)
「特集 代理母、精子・卵子提供、出生前検査…生殖医療は人類の福音か?」『中央公論 129(4)』中央公論新社 2014)
 p24-27 鎌田實「生まれてくる子どもの視点で考える」
 p28-33 古川俊治「自民党生殖補助医療に関するプロジェクトチーム座長として なぜ早急な法整備が必要か」
 p34-41 水野紀子「「個人の自由」「自己決定」の危うさ 当事者の「願望」を叶えるのが法の役目ではない」
 p42-45 酒井麻里子「「卵活」はどこまでできる : 卵子凍結医療最前線」
Manzoor Sarfraz著「DENMARK 世界最大の精子バンクを見学して「命の値段」について考えてみた」(『Courrier Japon 9(12)』p28-31 講談社 2013)
 デンマークの「生殖ビジネス」について書かれている。

参考情報
 下記文献は当館未所蔵だが、参考情報として紹介した。
「精子提供 父親を知らない子どもたち」(歌代幸子著 新潮社 2012 県内公共図蔵)
《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所 2014/04/12最終確認)オープンアクセス
丸山マサ美著「不妊症カップルの生殖補助医療に対する態度研究 : 子供の有無とジェンダーの視点から」(『山口医学 55(1)』p17-27 山口大学医学会 2006)
回答プロセス
(Answering process)
当館妊活情報コーナー所蔵資料をブラウジング調査する。
《NDL-OPAC》( http://www.ndl.go.jp/ 国会図 2014/04/12最終確認)及び《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所 2014/04/12最終確認)を〈精子 & 提供〉で検索しヒットした所蔵資料を調査した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
婦人科学.産科学  (495 9版)
参考資料
(Reference materials)
『生殖医療 シリーズ生命倫理学6』(菅沼信彦、盛永審一郎責任編集 丸善出版 2012), ISBN 978-4-621-08483-0
『生殖技術』(柘植あづみ〔著〕 みすず書房 2012), ISBN 978-4-622-07706-0
『グローバル化時代における生殖技術と家族形成』(日比野由利編著 日本評論社 2013), ISBN 978-4-535-98400-4
『世界の出産』(松岡悦子、小浜正子編 勉誠出版 2011), ISBN 978-4-585-23005-2
『家族をつくる 提供精子を使った人工受精で子どもを持った人たち』(ケン・ダニエルズ著 仙波由加里訳 人間と歴史社 2010), ISBN 978-4-89007-179-1
『妊娠を考える』(柘植あづみ著 NTT出版 2010), ISBN 978-4-7571-4164-3
『生殖医療と法』(町野朔,水野紀子編 信山社出版 2010), ISBN 978-4-7972-8801-8
『生殖補助医療と法』(日本学術協力財団編 日本学術協力財団 2012)
『Newsweek 28(7)』(p60―61 阪急コミュニケーションズ 2013)
『母子保健情報 66』(p76―79 母子愛育会 2012)
『婦人公論 96(11)』(p104―107 中央公論新社 2011)
『婦人公論 96(12)』(p62―65 中央公論新社 2011)
『Courrier Japon 6(8)』(p108―111 講談社 2010)
『日本医師会雑誌 141(6)』(p1249―1252 日本医師会 2012)
『Courrier Japon 9(12)』(p28―31 講談社 2013)
『中央公論 129(4)』(中央公論新社 2014)
キーワード
(Keywords)
生殖補助医療
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000161943解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!