このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000161898
提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図ー740
事例作成日
(Creation date)
2014年11月07日登録日時
(Registration date)
2014年11月07日 17時01分更新日時
(Last update)
2015年03月17日 16時12分
質問
(Question)
明治時代、女性の職業としての刺繍の実態、教科としての刺繍の実態について書かれた本
回答
(Answer)
『日本職人史Ⅳ 職人の現在[近代・現代編』(遠藤元男著 雄山閣1992年 p.95~98)
かつて刺繍は「縫取」と呼ぶのが一般的で、その職人が「縫取師」・「縫物師」と呼ばれた。近世までは女性の仕事だったが近世に入り、縫箔や複雑な縫いかえが進むにつれて男性の仕事ともなったことが解説され、4組の縫取師が紹介される。本書には『伝統工芸技法大事典』が引用され、この中にさまざまな職種が紹介されているとあるが当館に所蔵無し。
直接縫取=刺繍に論及するものではないが『織物の日本史』(遠藤元男著 日本放送出版協会 1971年)で織物の通史が、『明治期農村織物業の展開』(神立春樹著 東京大学出版会 1975年)の第一章第一節「織物業の動向」で近代の織物業の状況が概観できる。さらに『職工事情』第一巻(農商務省商工局編 新紀元社 1976年復刻)に「織物職工事情」等があり、これにより往時の職工の労働実態を知ることができる。
教育のなかにおいて、刺繍は女子のたしなみの重要な要素のひとつとして位置づけられていた。『明治の女子教育』(日本女子大学女子教育研究所編 国土社 1967年 p.10・11)に「近世中期以後(中略)都市を中心に女塾・寺子屋に学ぶ女子も追々増加し、さらに裁縫教授のお針屋があって(中略)女子教育の重要な分野を特定の機関が担当する傾向がみられるようにな」り、明治に至り「『学制』に先立って新時代の女子教育を象徴する」女子教育機関であった東京女学校・京都府の女学校・開拓使女学校の三者は、いずれも英語を主要な教科とするとともに「裁縫・手芸・雑工等の女子必須の実科も重視した」という。
Webで、「明治・刺繍・女」の3語で検索すると、「明治時代の女子教育における刺繍について」(中川麻子・田中淑江著『筑波学院大学紀要』第8集 2013年 p.51〜57  http://www.tsukuba-g.ac.jp/library/kiyou/2013/06-nakagawa_tanaka.pdf で公開)という論文がヒットする。これには「明治時代、刺繍分野は、新時代の女性自立のための新しい職業として期待され、女子教育の中に取り込まれていった。明治時代前期までは、慣習的な手芸教育が行われていたが、明治時代後期になると、女性の職業としての刺繍教育が始まり、さらに明治時代末期には、より専門的な職人もしくは作家のような人材育成が始まった。刺繍教育は、明治時代の女子教育に多大な影響を与え、またこの流れは大正時代へと受け継がれていった」と書かれる。
また、長谷川綾子「明治期における欧風手芸(編物・刺繍)の女子教育への導入について」『聖霊女子短期大学紀要』22号 1994年  http://ci.nii.ac.jp/els/110000190310.pdf?id=ART0000554984&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1414829671&cp= で公開)で、刺繍が教育に組み込まれている状況が論述される。
『織物の日本史』日本放送出版協会 1971年(PV:0000450543 586=K5=)
『職工事情』第一巻 新紀元社 1976年復刻(PV:0000624176 366=L0=1)
『明治の女子教育』国土社 1967年(PV:0000238711 3776=36=)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『日本職人史4 職人の現在[近代・現代編]』雄山閣 1992年(PV:0005151204 502=M1=4)
『織物の日本史』日本放送出版協会 1971年(PV:0000450543 586=K5=)
『明治期農村織物業の展開』東京大学出版会 1975年(PV:0000401205  5867=K5=)
『職工事情』第一巻 新紀元社 1976年復刻(PV:0000624176 366=L0=1)
『明治の女子教育』国土社 1967年(PV:0000238711 3776=36=)
キーワード
(Keywords)
刺繍
縫取
明治時代
女子教育
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000161898解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!