このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000161803
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000018782
事例作成日
(Creation date)
2014/10/08登録日時
(Registration date)
2014年11月06日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年12月11日 17時04分
質問
(Question)
スポーツと体罰の関係についてわかる本はあるか。日本スポーツ界で根性や我慢が美徳とされてきたことが、体罰につながりやすい風潮を作ったのかどうかについて調べたい。
回答
(Answer)
『スポーツ 体罰 東京オリンピック』などをご紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
根性論に関する本をお探しとのこと、所蔵資料をキーワード「根性」で検索し、下記2冊をご提供。

『文武両道、日本になし 世界の秀才アスリートと日本のど根性スポーツマン』(早川書房)
『新「根性」論 「根性」を超えた「今どきの根性」』(毎日コミュニケーションズ)

さらに「スポーツ」×「体罰」または「我慢」で所蔵資料を検索し、内容を確認する。

『スポーツ 体罰 東京オリンピック』(日本放送出版協会)や『先生、殴らないで!学校・スポーツの体罰・暴力を考える』(かもがわ出版)、『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(株式会社カンゼン)には、日本のスポーツ界における体罰・暴力と、諸外国の動向を比較した記載があり。
『スポーツの品格』(集英社)には、日本野球界の体罰や、暴力との決別についての記載があり。
これらをごらんいただいた。

また、『我慢力を育てるしつけの知恵』(海竜社)には「体罰では我慢は教えられない」の項があり、我慢することと我慢させられることの違いについての記載があり。
『スポーツ教養入門』(岩波書店)には、「スポーツの場で起きているハラスメント」の章があり、体罰を否定する理由について簡単に記載があり。
『保健体育教師になろう!』(大修館書店)には、「保健体育教師と体罰、セクハラ」の章があり、暴力的な指導の問題点についての記載があり。
こちらも参考にご紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
スポーツ.体育  (780 9版)
参考資料
(Reference materials)
『スポーツ 体罰 東京オリンピック』玉木 正之/著(NHK出版)
『先生、殴らないで!』桑田 真澄/[ほか]執筆(かもがわ出版)
『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』加部 究/著(カンゼン)
『スポーツの品格』桑田 真澄/著(集英社)
『新「根性」論』辻 秀一/著(毎日コミュニケーションズ)
『文武両道、日本になし』マーティ・キーナート/著(早川書房)
キーワード
(Keywords)
スポーツ(スポーツ)
体罰(タイバツ)
指導(シドウ)
暴力(ボウリョク)
ハラスメント(ハラスメント)
日本(ニホン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000161803解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!